Instagramで作品を売るネットショップ5選!?そのテクニックとは?

LINEで送る
Pocket

新年あけましておめでとうございます!2016年もどうぞよろしくお願いします。

思い返すと、思い出や出来事がなかったわけではないのですが、去年はなんだかぼーっとしている間に過ぎ去った感じがするので、今年こそは「やってやった」と思えるような濃い一年にしたいと個人的に思っております!
なんでもいいから、自分的な爪痕を残せるように頑張りたい…。

みなさんはもう今年の目標など決めましたか?

ネットショップなどを運営されている方は、今年は去年よりも売り上げや集客を上げる、などお店や会社の利益が上がるような目標を立てていることでしょう。
しかし、一言に「利益を上げる」といっても、やり方は何通りもありますよね。
その中でどの方法が自分のショップにとって一番合っているのかを見極めるのかが大切になってきます。

その何通りの方法の中でも最近ネットショップ界隈で話題になっているのが、Instagram(インスタグラム)を活用する方法です。
なぜそんなにInstagramが良いのか?それはやはり写真がメインのSNSなので、ブランドの世界観が一目で伝わりやすいというところにあると言われています。
言葉で説明するのは難しくても、写真なら見るだけですものね。すぐにイメージが相手に伝わりやすいのです。
その他にもハッシュタグや写真加工機能・いいねボタンなど、Instagramには正しく使えば自分のアカウントが人目に付きやすくできる機能がついています。近頃ではInstagram向けの支援ツールなども増えてきているので、それらを活用するのもありですね!

今回は、そんなInstagramで作品を販売している人気ネットショップを5つご紹介いたします。
各ネットショップが実践しているInstagram活用テクニックも同時にご紹介していきたいと思っているので、まだInstagramの使い方が曖昧だという方や伸び悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

Instagramを活用するネットショップ5選

ママと子供向けのお洋服屋さん AI-BABY-KIDS

 

AI-BABY-KIDS

AI-BABY-KIDS : Instagram / ネットショップ

こちらのショップは、今女性の間で人気のハンドメイド雑貨販売を中心としたマーケット「minne」で毎月人気作家ランキング上位をキープしている作家さんです。Instagram上では、モデルさんが商品を着用している写真「着画」が多くみられます。この作家さんの支持されるところは、着画が自分が用意したものだけでなく、購入してくれたお客様が投稿してくれた着画を自分のところでも紹介しているところ。いわゆる「リツイート」というものです。Instagramにはリツイート機能はないのですが、「Repost for Instagram」などの専用アプリを使って可能としています。また、Instagram上で購入される方限定で送料無料キャンペーンを定期的にやっているところも魅了の一つです。

 

アクセサリーからバッグまで幅広く手掛けるベテラン雑貨屋さん Lien

Lien

Lien : Instagram / ネットショップ

こちらもminneで人気作家ランキングで上位を維持しているアクセサリー作家さんです。さすが作家歴なんと10年の超ベテラン、女性の心をわしづかみにするようなデザインのアクセサリー、更にバッグやWood製品を販売しております。こちらのショップで特徴的だと感じるのは、商品の写真の撮り方です。Instagramのアカウントページを見るとわかりやすいと思いますが、フレームをうまく使ってわかりやすく商品を魅せています。色違い商品もこれで見やすく紹介できていますね。更にすべての写真の統一感が完璧ですよね。写真の魅せ方や加工方法をある程度統一することで、よりブランドの世界観が伝わりやすくなっているかと思います。

 

シンプルで上品なアクセサリーショップ Ju’s drawer

Ju's drawer

Ju’s drawer : Instagram / ネットショップ minne  fril  メルカリ

こちらのアクセサリー作家さんはminneだけでなくfrilメルカリなどのマーケットプレイスを利用し幅広い活動を行っております。Instagramでは、商品の紹介はもちろんのことながら、自分が出展する予定のイベントを宣伝しています。積極的に様々なイベントに行く機会が多いようで、出展するだけでも集客UPは期待できますが、Instagramで宣伝することによってハッシュタグなどからショップを知らない人によるアクセスも見込めます。イベント風景(自分の持ち場など)や販売予定商品を載せるのも、お客様に足を運んでもらうための戦略の一つとして実践できる方法かもしれませんね。

 

華やかなお花をモチーフとしたアクセサリーショップ 4U iris

4U iris

4U iris : Instagram / ネットショップ / HP

華やかで温かみや優しさを感じさせるアクセサリーを作っている作家さんがこちらの4U irisさん。ほかの作家さんのようにイベント参加などの活動も行っている方ですが、私がInstagramのアカウントページを見てまず感じたのが、人柄が良さそうだということです。写真に大きく「SOLD OUT   THANK YOU!!」と添えて売り切れ連絡と感謝の気持ちをはっきりと示す所や、写真に添えるコメントも明るく前向きで、なにより楽しんでいることがうかがえます。作業風景の写真も載せてわくわく感を誘うことにも成功しているように感じます。ネットショップの不安な要素「相手がどんな人がわからない」という部分を、Instagramを利用することで上手く問題解決できています。

 

オーダーメイドにも力を入れるアクセサリーショップ アンジュ・レーヴ

アンジュ・レーヴ

アンジュ・レーヴ : Instagram / ネットショップ

こちらのショップでは、オーダーメイドに特に力を入れているようです。オーダー物はオーダー物とわかるように写真上に文字入れをしアピールをして、コメント欄に詳しく商品説明をすることで、どんな商品を作ってもらえるのかがわかりやすくなっています。そのほかにも、ファンにはうれしい、ハッシュタグを付けて応募をした方に商品をプレゼントという企画も行っている様です。プレゼント内容も実際に販売している商品だったりするので、アクセサリー好きならほしくなってしまうものばかりです。

 

人気ネットショップのInstagram活用テクニック

各ショップの説明でも少し触れましたが、ここからはネットショップが実践しているInstagramテクニックをご紹介していきましょう。

写真加工を工夫する

MOLDIV

工夫、といっても、プロ級に魅せろというわけではありません。ちょっとした一工夫を加えるだけでいいのです。
例えば先ほどもご紹介したフレームを使った写真の加工方法で、見栄えもよく商品紹介もわかりやすくすることができます。
また、写真加工で色調節などをすることで、ブランドの世界観を演出することが可能になり、より消費者からの共感や反響を得やすくなります。フレームなどを使ったコラージュや写真加工ができるアプリは「MOLDIV」がおすすめ。より一層オシャレな写真に加工することができます。

 

Instagrids
更に上級者は「Instagrid」というアプリを利用し、プロフィールページを見て初めて大きな一枚の絵が見れるように演出している人もいます。これはプロフィールページにしかリンクが貼れないInstagramで、うまくプロフィールページに誘導するための戦略にもなります。

 

大切なことはリツイート(リポスト)する

Repost

先ほども触れましたが、Instagramには他のSNSにはある「リツイート(リポスト)機能」がありません。
無茶な宣伝活動などを抑えるためだと考えられていますが、無茶をしなければいい宣伝機能です。
イベント参加する場合には、公式アカウントのイベント関連投稿をリツイートすることで自分も参加することをアピールすることができ、ファンの投稿をリツイートすることで、ゆるいコミュニケーションが生まれショップとファン間の距離がぐっと縮まります。
今回ご紹介したネットショップでは、お客様が購入した商品の着画を投稿し、それを感謝の気持ちを添えてリツイートをすることで、元々の投稿者もうれしく、自分は宣伝効果やお客様を大切にしているアピールになり、第三者としても商品がリアルに見れて欲しくなるという良いことづくしになっていますね!ショップ運営側としては、使わない手はありませんね。

 

Instagram限定キャンペーンを定期的に行う

プレゼント企画

ただプレゼントキャンペーンを実施するのではなく、「定期的」にというところが重要になってきます。
一度やるだけでもきっと反響は大きくできるとは思いますが、さらに顧客を定着させるためには、定期的にイベントをするイメージを付けてフォロワーを増やすことがベストなやり方だと考えます。
プレゼント商品も、限定物や再販しないもの、人気商品などお客様が食いつきやすいものを選定する必要があります。
また、Instagram上だけで応募投稿を管理するのは中々骨が折れるので、Instagramキャンペーンサイト無料作成サービス「OLO」を使って簡単にキャンペーンサイトを作ってしまうのも手ですね。

 

ショップ店員が身近な存在だと感じさせる

アンジュ・レーヴ

これはリツイート機能を利用することでも可能ですが、コメント欄や写真をしっかり活用することで簡単にイメージ付けすることができます。例えばいつも商品写真ばかりではなく、たまにはショップ裏や作業風景・食べ物などのプライベート写真を投稿します。
コメント欄には自分の感情も含めたコメントを添えるとより一層距離が縮まるでしょう。
極端にはっちゃける必要はありませんが、お堅いよりかは少し肩の力が抜けたあたたかくゆるい感覚が誰しも欲しいはずです。
商品をただ押し出すだけでなく、こういった部分でも集客アップにつながってくるかと思います。

 

さいごに

以上、Instagramの人気ネットショップ5選とそのテクニックをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ただ投稿するだけではうまくいくものでもうまくいかない場合があります。
伸び悩んだ時やしっかりブランドイメージを押し出していきたい場合は、アプリやツールなどを使って魅せ方を変えたり、少しでもお客様に立ち止まって見てもらえるように試行錯誤をする必要があります。
またいくら商品が魅力的でも、冷たいイメージがついてはファンも付きにくくなるので親しみやすい雰囲気を演出する必要もあります。
今回ご紹介したテクニックを実践することで、少しでもネットショップ運営をされている方の手助けになればと思います。

 

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar