ネットショップを構築する際はどんなサービスを使えばいい?

LINEで送る
Pocket

こんにちは、最近ネットショッピングにはまっている相馬です。今やどのブランドもショッピングサイトを持っています。それだけネットショップを利用する人が多いということです。

更に今はネットショップを簡単に制作できるサービスもどんどん増えていっています。個人の方が副業目的でショッピングサイトをオープンしています。ちょっと前までは考えられなかったことです。

小さな規模のお店やブランドの方も「うちもネットショップをオープンしたい!」と思っている方もいるかもしれません。

今回はネットショップを構築する際に知っておきたいことをまとめました。

これからネットショップを起ち上げて運用していこうと考えている方や、なかなか上手く運用出来ていなくて商品が売れない・・・といった方に読んで欲しい記事になります。

もうネットショップを持っていて、売れて売れて笑いが止まらん!という方はブラウザの「戻る」ボタンを押してその他の記事をお読みください・・・。

ネットショップのオープンする前に

最初にネットショップをどうやって構築するかを考えましょう。構築方法は様々あり、それぞれにメリットとデメリット、向き不向きがあります。目的や商品の数、予算。ターゲットなどに合った方法を選ぶべきです。

方法1. オリジナルでサイトを構築

オリジナルサイト

Webサイトを構築できる方ならもちろんこれが頭に浮かぶはずです。デザインやシステム等、オリジナルなので自由に作れることがメリットです。

当然オリジナルなので、商品コンセプトに合ったデザイン、管理しやすいシステムで運用できます。ブランディングには最適です。

ただ、集客は全くのゼロからになります。

サイト運営にとって集客が一番難しいところ。この点はネットショップも同じです。どんな良いデザインのネットショップを持っていても、人が来ないと商品は売れませんからね。

また、自分で構築するには当然構築技術が必要です。

これから勉強してネットショップをオリジナルでオープンする!という人をたまに見かけますが、普通のWebサイトならまだしも、「売れる」ショップサイトを一から勉強して構築するなんて相当な勉強と知識が必要です。

そこでWeb制作会社などに依頼するという方法ですが、やはり予算が必要になります。

おそらく、それなりに大きな規模で、一からシステムを構築するとなると、最低でも500万円ぐらいは必要になってくるはずです。

個人的にショッピングサイト制作を依頼されることがありますが、「Amazonみたいなサイトお願いしたい。10万ぐらいで」なんて言う人いますが、不可能です・・・。Amazonはおそらく数億円レベルの規模です。

ショッピングサイトはそれぐらいの専門的な技術レベルが要求されるのです。

オリジナルでショップサイトを構築する場合は、

  • それなりに予算がある
  • ある程度ブランドが確立している

こういった状況の場合、オリジナルで構築するべきです。個人レベルやまだ商品の数が少なかったりする場合は、まだオリジナルは避けるべきです。

逆に当てはまっている場合は、是非オリジナルでしっかりしたサイトを構築して、ガシガシ運営していけば、更に大きなビジネスに発展する可能性が高まります。

オリジナルはネットショップの最終形態と捉えておきましょう。あと、自分で構築できるぐらいの技術レベルがあるなら、ぜひ一度は構築してみたいですね。

方法2. 楽天やYahoo!などのモールサービスを利用する

楽天

サイト:楽天

ショッピングサイトと聞いて定番となりつつある運営方法ですね。最初に思いつく方も多いでしょう今ものすごい勢いの楽天を中心に解説します。

まず一番大きなデメリットはなんといっても料金です。

月額のシステム料金に加えて、売上のマージンを取り上げられます。これが結構取られます。うぬぬ・・・。

さらに運営で大きなデメリットが。

実は楽天サイトでショップサイトを運営していても、メールアドレスなどの顧客情報が手に入るわけではありません。なので、顧客が増えるわけではないんですよ。「楽天で大きくなったからそろそろオリジナルサイト開設するか!」となっても、また一から集客やり直し・・・。

お店側は、楽天が紹介してくれたお客さんに商品を送っている、というイメージです。マージンも結構料金引き上げが合ったりします。

あと、これはデザイナーとしての僕の個人的見解ですが・・・

はっきり言ってダサいデザインが多い・・・。

その理由はシステムの難しさにあります。一般の方でも頑張れば組めることがこういったサービスの旨味でしたが、素人だとなかなかのデザインに仕上がります。ということで、デザインはプロに頼むことになると思います。そうなると結局数十万の予算がかかってきます。

ただ、やっぱり大きなメリットがあります。それはやっぱり大手の強みであるアクセス数。

オープンした手でもそれなりのアクセスがあるので、商品やデザインに魅力があれば、割と最初からちょこちょこ売れると思います。これは本当に大きな強みです。

モールサービスを利用する場合は、

  • メインが他にあり、サブとして利用する。

ひとつだけです・・・。個人的には楽天はかなりエグいシステムです。

顧客になるわけではなく、マージンもかなりとられる上に、アクセスが集まらないと色んな広告をススメられて、それにまたお金がかかる・・・。

集客は大きな強みですが、抜け出せなくなっちゃうんですよ。赤字なのに抜け出せない・・・。あくまでも個人的な意見ですけどね。

方法3. 既存のASPサービス(カートシステムやショップサイトシステム)を活用する。

カラーミーショップ

サイト:カラーミーショップ

個人的に僕が一番オススメするショップサイトのシステム。こいつも月額でシステム料金を払って使用するものですが、楽天などと違うのはマージンを取ることがめったにないこと。

種類も様々あるんですが、大きく分けると、カートのシステムだけ借りてサイトに埋め込むものと、システムやサーバーも借りて専用の管理画面から運営する場合。後者は場所を借りて商売させてもらうイメージです。

前者もいいですが、それだとオリジナルサイトとあまり変わらないです。オススメは後者のシステム。

今このサービスが本当に増えてきていて、値段もシステムの複雑さも様々。月間数千円で利用できるものから、何万円も掛かるものまであります。

このシステムの良いところは、ある程度導入のハードルが低いこと

もちろん全くの素人にとっては勉強が必要ですが、本気を出せばウェブサイト一個作るより全然簡単です。商売なんで、なんでもある程度勉強は必要です。

デメリットとしては使用が固まっていることですね。

自由度が効かないんでオリジナリティのあるものは作りにくいので、そこがネックになる場合もあります。ただ、一昔前まではこれが大きなデメリットだったものの、今はもともとシンプルで洗練されたデザインのサービスが多く、許容範囲です。

メインサイトからのリンクを貼って運用する分にも使いやすく、個人レベルや小さな商店レベルでも利用しやすいです。サポートもしっかりしていて、導入ハードルも低いです。

このサービスを利用する場合は、

  • 個人としてネットショップを運営したい
  • ネットショップをサブとして運営したい
  • 予算があまりかけられない

といった場合。

予算が豊富に合った場合は、制作会社に頼んでオリジナルを作ったほうが良いですが、最初はかけられない場合がほとんどだと思います。そんな時はこのサービスを活用しましょう。

導入のスピードも早く、即日開店できるものがほとんどですよ。

特におすすめのASPサービス

まとめ:ポイントは身の丈に合ったサービスを選ぶこと

ポイントは、目的や予算に合ったネットショップを構築することです。

予算が組めないのにオリジナルのショップサイトを開設しようとしたり、高級な商品を大きく売り出したいのにASPサービスを利用するなどは、目的と方法がミスマッチしていて不健康です。

きちんと売上目標を立てて、身の丈にあったショップ構築をしましょう。

ではでは。

LINEで送る
Pocket

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Sliding Sidebar