今話題のネットショップを開業できる無料サービス7選!

こんにちは。メールの返信をしようとスマホを開き、ZOZOTOWNから来ていたメールに気を取られ、気づいたら新しいコートを探していた金子です。みなさまもこのような経験ございませんでしょうか?

今までパソコンを使って行っていた作業がスマートフォンでも可能になったのは非常に便利なのですが、他のことに気を取られてしまうことも増えました。

そして今ではスマホでネットショップを開業することができてしまう時代なのです。しかも「無料」で。

本記事では
「ネットショップ運営を副業にしてみたい!」とお考えの方や
「本格的に開業に動き出そう!」としている方に向けて

  • ネットショップ市場の背景 ~準備段階の重要性~
  • 無料で開業できるサービス7選! ~各サービスの強みとは?~
  • 運営のサポート役!? ~便利なツール紹介~

上記の内容をご紹介いたします。

現状のネットショップ市場を把握!大切なのは準備段階

「脱サラ!」「独立!」「起業!!」などと聞こえは良いですが、当然のことながら誰しもが成功者になれているわけではありません。

よく耳にする言葉に「企業は5年で85%が倒産してしまう」などとありますが、ネットショップも1年後には7割近くの方がお店をたたんでしまうそうです。

起業、開業される方の中にはテレビなどでも見かける「脱サラ!情熱のラーメン作り~開業の6か月に密着!~」などのように、勢いや情熱はある!!といった形で開業される方もいらっしゃいます。

そしてそのような方の大半は運営がうまくいかず、倒産に追い込まれてしまう傾向にあります。大切なのはしっかりとした基礎作り、準備段階なのです。

「けれどもそんなに悠長にしていたら流行や市場に乗り遅れるよ!!」などと思うかもしれません。のちに詳しく述べますが、日本国内のネットショップの市場(以下EC市場)は継続拡大の流れになっています。

そして流行に乗り遅れることを脅威とするような商品を扱おうとお考えなのであれば、今すぐに考えを改めるべきです。話題性があり、売り上げは急激に伸びるかもしれませんが、一過性のものにすぎません。そして過剰在庫に悩まされ、結局店をたたむというケースが少なくありません。有名なものに「白いタイ焼き屋の話」がありますね。これは飲食店の事例ですが流行や話題のものを扱うという点では似るところがあるでしょう。

先ほどのEC市場の話に戻ろうと思います。ネットショップの世界では楽天やアマゾンなどの大手が有名ですが、彼らが市場の大きな割合を占めているというわけではありません。オンライン上というのは不可視な世界でありイメージがしづらいのかもしれませんが、まだまだ広大な市場余地があると言えるでしょう。実際に経済産業省が発表しているデータを参考にしてみますと、国内のEC化率はまだまだ低く、市場の規模自体も右肩上がりだとお分かりでしょう。

EC市場規模グラフ
出展:EC市場規模(p50)

このようにまだまだ市場は拡大傾向にあるので、焦ってしっかりとした準備もしないまま開業をしては結果が目に見えています。仕入れや販売の知識があるだけではネットショップ運営が成り立ちません。「集客」「経理」「広告」「ウェブサイトデザインや製作技術」などなどと山ほどあります。

これらの知識を蓄えるのにも時間がかかるし、スキルアップを目指すのは大変ですよね。そこでこれらを少しでも便利に行えるネットショップ開業サービスがあるのです。それも無料で利用できてしまいます。次はそのサービスについてご紹介していきます。

 無料でネットショップを開業できるサービス7選~各サービスの強みとは?~

今ではネット上でこのようなサービスを展開している企業はたくさんあります。そしてこのようなサービスの利用を考えている方の中にはしっかりとした知識や正しいか正しくないかの情報を見極める力が不十分な方もいるのではないかと思います。

開業サービスを展開している業者には、そのような入門者を狙っている悪徳業者もいるので注意しましょう。ここでは代表的な7つの無料サービスをご紹介します。

MORE MALL

モアモール
モアモール

MOREMALL

デザイン性の高さ!管理性が良い。
デザイナーがデザインするテンプレートがたくさん用意されており、機能性の面でも決済方法などの細かい設定も可能です。

STORES.jp

stores.jp
stores.jp

Stores.jp

最短2分で作れちゃう!無料プランだと5品までしか扱えないが、プロカメラマンによる商品撮影サービスやロゴやカードの作成サービスがあるなどのサービス面が充実しています。

BASE

BASE
BASE

BASE

扱える商品の上限がないのが魅力!多くの他サービスは上限があるのに対し、BASEは上限がないのが強み! また、売り上げ管理やアクセス解析などの数値的管理のしやすさも魅力です!

FC2ショッピングカート

FC2ショッピングカート
FC2ショッピングカート

FC2ショッピングカート

古くからあるショッピングカートです。ショップのデザインも非常に多く、CSS、HTMLで編集も可能なため、オリジナリティを出したい方やHTMLなどを扱える方にはおススメ!

取扱商品の上限もなく、売上手数料も0なのが魅力、ただ無料版では広告が表示されてしまう点がマイナスポイント。

Jimdo

Jimdo
Jimdo

Jimdo

ホームページ構築がメインですが、ネットショップの機能を追加することも可能です。操作について疑問が生じた際に
質問できるJimdo Caféが全国にあるのが魅力です。

Ecwid Japan

ecwidjapan
ecwidjapan

Ecwid Japan

40か国を超える世界各国でのリアルタイム発送管理などに対応、言語も45言語に対応しています。グローバルな販路を作りたい方や国内外問わず需要がある商品を扱う方にはおススメです。

ヤフー!ショッピング

ヤフー!ショッピング
ヤフー!ショッピング

ヤフー!ショッピング

ヤフーショッピングモールに出店することである程度の知名度により集客が見込まれる!もしくは集客のために具体的な施策を打つ必要性が他の自社サイトを作成するサービスに比べ少なくなる。ただその分、売り上げ手数料が比較的割高です。

あなたのお店を多くの人に周知しよう

先ほどご紹介した無料開業サービスは独自のサイトを構築する形のものでした。(ヤフーショッピングを除く)

そのため楽天市場やZOZOTOWNのようなショッピングモール型ではある程度の集客が見込まれますが、独自のサイトを構築する場合は集客のための施策を打つ必要があるのです。

新規顧客獲得のためには主に検索連動広告が利用されています。具体的な方法としてはリスティング広告SEO(検索エンジン最適化)と言われるものですね。

そのほかにも直接広告(マスメディア・バナー広告)や紹介広告(メルマガ・SNS)、間接広告(アフィリエイト)などの手法があります。

ぜひ自社ネットショップの周知のために集客方法を考えることも忘れずにおこないましょう!

まとめ

今回は無料で開業できる7つのサービス紹介をメインに、EC市場の背景やこれから、そして事前に下準備や集客方法の決定の大切さにも触れました。

勢いや情熱も運営のモチベーションとして非常に大切ですが、冷静になることも忘れずに!継続した運営を行えるよう取り組みましょう。

弊社ではInstagramやTwitterでのキャンペーンサイトを無料で作れるサービス「OLO(オロ)」を展開しております。SNSを活用してキャンペーンを展開する際には是非ご検討ください。

Sliding Sidebar