【初心者必見!】ネットショップを開業する3つの方法とは?

自分で作った商品を販売したい!ネットショップを立ち上げて運営したい!そんな方が世の中に増えてきています。

今回は、ネットショップを開業するための3つの方法をお教えします。どれも、簡単にネットショップを開業できるので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください!

厳選した3つの開業方法を試してみて自分にあった方法でネットショップの運営を始めてみてくださいね!

ネットショップを開業する3つの方法とは?

  • ネットショップ作成サービスを利用する
  • CMSを使って自分で開業する
  • 開業代行サービスを利用する

ネットショップは主に上記の方法で開業することができます。どれも、そこまで難しくないものが多いので、それぞれ紹介していきます。

無料の方法と有料の方法があるので、予算と相談して決めるといいでしょう。また、ネットショップを開業する方法を読む前にどんなネットショップを作りたいか決めておきましょう!

それでは、早速ネットショップを開業する3つの方法を見ていきましょう!

ネットショップ作成サービスを利用する

BASE

BASE

まず、ご紹介するのがネットショップ作成サービスを利用するという方法です。現在、ネットショップ作成サービスはたくさん登場しています。

ネットショップ作成サービスを利用する利点としては、とにかく簡単だという点です。上記画像のBASEさんでは、3つの項目を入力するだけですぐにネットショップを開業できます。

そして、ネットショップ作成サービスでは多くのデザインテンプレートが用意されているため、デザインが苦手な方でも簡単に作成可能です。

弊社ブログでもネットショップ構築サービスをご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

無料でネットショップが作れる!最新の作成サービス5選!

CMSを使って自分で開業する

EC-CUBE

EC-CUBE

続いて紹介する方法はCMSを使って自分でサイトを作るという方法です。Wordpressのような代表的なものでもできますが、ネットショップに特化したものもたくさんあります。

CMSとは?

コンテンツマネジメントシステム: content management systemCMS)は、ウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。2005年頃より一般的に普及したといわれる。コンテンツ管理システムとも呼ばれる。

引用:CMS Wikipedia

CMSの場合、自分でやらなければいけないことが多い反面、他の作成サービスに比べて自由度が高いのが特徴的です。有名なネットショップ系のCMSには以下のようなものがあります。

どれも有名なネットショップ系のCMSです。すべてサポート体制がしっかりしているので始めて、CMSを導入する方にもおすすめです!

開業代行サービスを利用する

楽天市場出店

楽天市場

最後は費用がかかりますが、出店代行サービスを利用する方法です。出店申込をすることで簡単に出店できます。

さらに、①②と違って手厚いサポートを受けることができるので安心して使用することができます。また、知名度がなくても楽天市場の多様なイベントで知名度を広げることができます。

唯一、費用がかかる点が初心者にとってはハードルが高いかもしれません。具体的なネットショップ像ができている方は出店代行サービスを利用することをおすすめします!

まとめ

ネットショップを開業する3つの方法をご紹介しました。今回は、あくまで初心者向けなので、すでに知識のある方には物足りない内容かもしれません。

ですが、現在ネットショップ運営がうまくいっていない人は、ぜひこの機会に他の方法で試してみてはいかがでしょうか?

また、初めてネットショップをオープンする人は、ぜひこれらの方法を使って理想のネットショップを開業してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Rating*

Sliding Sidebar