Amazonと楽天市場の出店って何が違うの?4つの違いをまとめてみました

LINEで送る
Pocket

こんにちは、相馬です。これまで、たくさんのECサイトを利用してきました。

その中にはECサイトの2大巨頭、楽天市場Amazonマーケットプレイスのお店がたくさんありました。そこでふと気になったのは、出店するならどちらが良いのだろう?ということ。

今回は、楽天市場とAmazonマーケットプレイスを比較してみました。

それぞれメリット、デメリットがあるので、商品やスタンスと相性が良いのはどちらなのか、参考にしてみてください。

楽天市場とAmazonマーケットプレイスの違い

今回は、楽天市場とAmazonマーケットプレイスの以下の4つの違いについてご紹介します。

  • 利用料金
  • 利用者の質
  • ユーザリビティ
  • サポートの手厚さ

これらの違いを見ながら、どんな違いがあるのか知っていきましょう!

利用料金

こういったECサイトモールの料金設定の定番ですが、それぞれロイヤリティと手数料が発生します。

それぞれ数種類のアカウントのがありますが、ここでは月額4,900円の大口出品者を選択した場合の手数料と、楽天市場でスタンダードプランを選んだ場合を比較します。

Amazonの場合

 

Amazonのカテゴリごとの販売手数料
Amazonのカテゴリごとの販売手数料

Amazonの販売手数料はカテゴリによってバラつきがありますが、8%~15%となっています。
商品が売れた際に、手数料が差し引かれたお金がAmazonから入金されます。

販売した時点で、詳細な手数料を確認出来ます。Amazonは手数料が高いというイメージがありますが、ユーザーの多さや、AdSenseなどの広告はAmazonがやってくれることを考えると、決して高いわけではないかもしれません。

楽天市場の場合

楽天料金
楽天の料金プラン

楽天市場の場合は、契約するプランによって異なります。
スタンダードプランの場合、2%~4%のロイヤリティーとなっています。Amazonより安いですが、この他にも決済サービスの手数料や楽天ポイントシステム利用料など最低限必要なサービスを利用すると、その手数料も上がってくるので注意が必要。

さらに広告も出して、他のオプションも利用したりしていると、Amazonよりも高くなってしまうこともあります。

一番のネックは、楽天は頻繁に規約変更をするので、手数料アップという事も全然ありえます。楽天出店にはそのリスクを覚悟しておきましょう。

利用者の質

ユーザーの年齢層や性別は商品にとって重要な要素になってきます。
それぞれ一体どんな方が利用することが多いのでしょうか?

Amazonの場合

“アマゾンおやじ”の研究
引用:“アマゾンおやじ”の研究

これを見ると、60代の男性、いわゆる「アマゾンおやじ」が目立ちます。
引用元の記事によるとプライム会員もこの年代が多いとのこと。

楽天市場の場合

楽天ユーザー層

引用:Amazonと楽天市場へ出店してわかった9つの事

対して楽天市場。
20代〜30代の女性ユーザーが圧倒的です。

2つを比較すると、Amazonと楽天ではユーザー層が全く違うことが分かります。
商品に対して、どちらが相性が良いのかの判断材料のひとつです。

ユーザビリティ

ECサイトをオープンする際にどれだけ作りやすいか。
サイトが使いにくければ購入に至らないケースもあることを考えると、思い通りのサイトを作れるか作れないかはとても気になるところ。

この点は、はっきり言ってAmazonに分がありそう。

楽天のシステムはとても複雑にできており、素人にはかなりハードルが高いです。必然的に制作会社に依頼することになり、初期費用が更に掛かることになります。

その点Amazonは非常にシンプル。初心者でもよほどPC操作が苦手でなければ、1日あれば操作に慣れてくるはずです。

サポートの手厚さ

販売初心者にとっては、商品を売るためのマーケティングには専門家のサポートが必要です。

Amazonは基本的にサポートセンターを利用してこちらから疑問点を解決していく形になります。
正直言って少々手間ですが、対応はなかなか手厚いようで、いくつかの専門部署を用意して的確なアドバイスが貰えます。

一方、楽天は担当のコンサルティングが付きますが、あまり評判はよろしく無いようで・・・。
相談しても、広告プランで解決する提案がほとんどのようで、さらに費用がかさむ。そんな繰り返しのようです。これでは意味がありませんよね。

まとめ:それぞれに柔軟に対応した販売スタンスを

ここまで読むと完全にAmazonを上げて楽天をディスってますが、そんなデメリットを分かっておけば、対策も立てられます。楽天のユーザーの多さもやはり魅力です。

商品と規模、販売スタンスをしっかりと考慮して、どちらで出品するのが良いのかをしっかり判断しましょう。

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar