初心者必読!ネットショップの開設にかかる5つの費用まとめ!

LINEで送る
Pocket

こんにちは!昼間日が照っていて温かいなと感じる日もありますが、やはり夜はとっても冷えますね…みっしぇるです!

パソコン操作が苦手ではない限り、恐らくほとんどの人が訪問・利用したことがあるネットショップ。
その便利さ故にネットショップを開業したいと感じる方も少なくないことでしょう。
ちょっと検索するだけで、手軽にネットショップを作成する方法がたくさん出てくるので情報不足で困る心配もありません。

しかし単にネットショップ開業といっても、やはりお店を1つ作るわけですから、何かしらの費用はかかってきます。
無料でネットショップを作成することができるサービスもありますが、あくまでも「ショップ作成」が無料なだけで、開業することによって必要なものは他にもたくさんあります。

今回は、実際ネットショップ開業っていくらかかんの?という人のために、ネットショップ開業にかかる費用を5つにまとめてご紹介いたします!

会社として新しいサービスを展開する際の参考にと考えている方も、専業主婦でハンドメイド売りたいのという方も、費用は必ずどこかでかかってくるものなのでぜひ一度目を通してみてください!

商品の材料費・仕入れ費

Cando

CanDo

ネットショップに限らずですが、お店で販売するものといえば他で制作された既製品を仕入れて販売する場合と、自分で作ったものを販売する場合があります。前者なら仕入れ費が、後者なら材料費が当然かかってきますよね。ここでかかる金額によって、販売価格も左右されてくると思います。

例えばハンドメイド雑貨を販売している方は、最近では100均でなんでも揃えて驚くほど繊細でクオリティの高いものを作っている方もいらっしゃいます。

100均で揃えるためかかる材料費は安く済むため、商品価格も安く見積もることができます。

しかし、材料は安いけど使用している材料や作業量が多いといった作品でしたら、その分価格も上げるべきだと考えます。などなど、何かしら販売する際には開業後もずっと重要視される費用なので慎重に見ておくことが必要です。

ネットショップ・ショップサイト作成費

カラーミーショップ

カラーミーショップ

ネットショップは今回のメインともいえる通販サイトのことですが、こちらは冒頭でもお話しした通り、今は無料で作ろうと思えば作れてしまいます。

ではショップサイトとは?これはショップのこだわりなどを掲載するためのホームページのことです。
このサイトを利用してブランドイメージを正確に伝え、共感してもらえた人にはそこからネットショップへ誘導することができるのです。

近頃ではサイトではなくブログやFacebookを利用する方も多くみられますね。よってこちらもやろうと思えば無料で作ることができます。

しかし、こういったブランドの顔ともなるサイトの作りがあまいと、間違った印象を植え付けてしまい、思うようにいかないこともあります。

なのでネットショップ・ショップサイトなるものを作成する場合は、まず知識を蓄えましょう。

作成は無料でもいいですが、せめて知識を得るための書籍やセミナーなどにかかる費用は惜しまない方が今後のためだと思います。

ネットショップのセミナーは役に立つ?優良セミナーを選ぶ5つのポイント!

ちなみに、ネットショップなどを一から自分で作っちゃおう!という方は、独自ドメインやサーバー費、プロに頼むならデザイン・構築費などもかかってきます。

WordPressでネットショップを開設する方法まとめ

梱包資材費

-shared-img-thumb-HIR86_danborukarakaodasu20140614_TP_V

こちらも気を遣うべき部分です。ネットショップを開業するのならどんな商品を取り扱うにしても、梱包は必要不可欠ですよね。そして、何事もなくお客様の手元へ届くように工夫をして梱包しなければなりません。

例えば・・・

  • プチプチを大量に巻く
  • 箱を使ってより頑丈にする
  • 取扱注意ステッカーを貼る

などできることはたくさんあります。

何よりもお客様に気持ちよく商品を受け取ってほしいということが第一ですから、ここの資材費はケチらないようにしっかり検討することをおすすめします。

これは無料でされる所が多く感じるサービスですが、プレゼント包装を必要とされる方も想定して、キレイめの袋や紙、ステッカーなどを用意しておくと親切かもしれません。

写真関連機材

lgf01a201501130000

ネットショップでは写真の写りが命といっても過言ではありません。商品の写りがよくないと、商品が魅力的に見えないばかりか、ブランドイメージも悪くなってしまいます。

良いカメラを揃えたり、カメラは買わないにしても反射板を買ってみたりなど、個人でネットショップを運営されている方も様々なカメラ関連ツールを使用してより良い写真を撮影しようと工夫されています。

更に撮影後はパソコンの写真編集ソフトを使用しきれいに加工することも必要です。
代表的なものでAdobe Photoshopなどがありますが、無料ソフトもあるので相性の合いそうなものを使うといいと思います。

あとは必要に応じて、スキャナーやプリンターを揃えておくと便利です。

宣伝活動費

-shared-img-thumb-PAK85_notepc20150319202127_TP_V (1)

正直言って、宣伝はSNSなどを使用すれば無料で済んでしまいます。ただ根気よく続けないとあまり人目につかず、数多くかるアカウントの中に埋もれていってしまうので要注意です。

費用はかかるけれども、Facebook広告などの有料サービスを利用すればより効率的に宣伝をすることもできます。

そして、広告出すのもなぁと少し引け目を感じる方は、イベントやフェスなどへの参加が個人的におすすめです。

フェスに参加します!という一声をSNSにアップすることで、フェスに行く予定の人の目につきやすくもなりますし、実際イベント会場で自身の商品を手に取って見てもらうことができるので、大きな宣伝効果が見込めます。

最後に

以上、ネットショップ開業の際にかかると思われる費用を5つにまとめてご紹介させていただきました。

無料で作れるに越したことはなのですが、状況に応じて必要な費用は惜しまず奮発することが成功のカギではないかと個人的には思います!

特に梱包資材や写真関連機材、宣伝活動費はそうだと思います。

今回の記事をネットショップ開業の際に参考にしていただければ幸いです。

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar