ECサイトにも応用したい!客のハートをつかむコピーライティングとは?

LINEで送る
Pocket

ズバ抜けてすごい商品でもないのに、売れ続けている商品の影にはコピーライティングのセンスが影響しています。

どんなECサイトでも、コピーライティングのスキルをアップさせることで、長期的に売上げをアップさせることが可能です。

コピーライティングはECサイトに限らず、どんなジャンルでも通用するスキルですが、商品を売るECサイトでは特にその効果が実感しやすいものとなります。

そこで本記事では、ユーザーの購買意欲を刺激するコピーライティングの基本についてご紹介したいと思います。

売上げが伸び悩んでいたり、新しい集客方法が知りたい方は是非ご参考にして下さい!

コピーライティングを書く前にやるべきこと

コピーライティングを書く前

コピーライティングは書いてなんぼと思うかもしれませんが、実は書く前の準備も同じように重要なんです。

伝える相手がどんな人なのか、また伝えたいことを把握しないまま書いても完成度が低い文章になってしまい、結局売れずに時間の無駄になってしまいます。

そうならない為にも、今からご紹介するコピーライティングの準備をしっかりしたうえで書くことが大事だということを肝に銘じましょう!

目的を書く

自分が実現したいことは何なのか?ユーザーからどんなレスポンスが欲しいのか?このような目的を書く事によって、コピーライティングのベースができ、途中でブレることなく書き続けることが出来ます。

ターゲット層を絞り込む

売りたい商品にマッチしたターゲット層を具体的に書き出していきます。

例えば、「年齢」「性別」「家族構成」「年収」「悩み」「ライフスタイル」など、ターゲットを具体的にイメージすると伝えたいことが明確になってきます。

架空のユーザーを作り上げる

ターゲット層を具体的にイメージできたら、今度は架空のユーザーを作り上げ、こちらが売りたい商品を買ってもらう要因は何なのかを考えていきます。

さらに購入を妨げる要因についても考えてみましょう。妨げになるものが分かれば、それを解消する内容を伝え、ユーザーの不安を取り除くことが出来ます。

不安が解消するとユーザーは「やっぱりこれは私にとって必要なものなんだ!」と思い、購入に一歩近づくことが出来ます。

客のハートをつかむコピーライティング術

ハートをつかむコピーライティング術

ユーザーの興味をひいて、その商品を欲しいと思わせるために必要なコピーライティング術をご紹介します。

宣伝臭い内容や、あまり関係のないテーマをごちゃごちゃ並べた失敗ライティングにならないように、今からご紹介する内容を是非ご参考にして下さい!

ざっと読める内容にする

効果的なコピーライティングを書くなら、ざっと読み飛ばせる内容が必要です。基本的に人はネットを読みません。興味のある部分しか集中しないのです。

なので、飛ばして読んでも良いように見出しで惹き付けたり、キーワードを選んで強調して表示させたりしましょう。

感情的な言葉を使う

人は感情で買い物をするので、右脳に働きかければ商品が売りやすくなると言われています。

例えば、明らかにするではなく「分かる」と言い換えたり、心配するではなく「ハラハラ」するといった感じですね。

AIDA原理

AIDA原理は良質なコピーを書くなら基本とも言うべきものなのでしっかり覚えておきましょう。

  • A→読者の注目(Attention)を集める
  • I→読者の興味(Interest)をひく
  • D→商品やサービスを欲しい(Desire)と思わせる
  • A→行動(Action)を起こさせる

特徴ではなくメリットを伝える

特徴とは商品の持ち味や個性のことで、そのことにユーザーは興味をあまり持ちません。

それよりも、その商品のおかげで何が可能になるのか、何が手にはいるのか、そのようなメリットのほうに興味を持ちます。

つまり、ユーザーはメリットを目当てに物を買うということですね。特徴ではありません。

商品の機能がすごいからと言って買うわけではないことを知っておきましょう!

口コミや体験談を載せる

口コミや体験談などの証言広告は、実際に使ったユーザーが発信する情報だけあって信憑性が増します。

買おうかどうしようか迷っている状態でこの証言広告を見たら、背中を押されて買ってしまうということもよくあることです。

つまり他人の意見は、迷っているユーザーにとって参考にしたい情報であり、それが決め手で購入してもらえることがあるということですね!

短い文章よりも長い文章で

人に何かを伝えたいとき、短い言葉よりも長い言葉で伝えたいはずです。これはコピーライティングでも同じことです。

実際、短いコピーでは売れず、長いコピーにしたら売れたというテスト結果にもあるように、コピーライティングは売上げに結びつくだけの長さが必要ということですね。

ただし、贅肉のいっぱいついた長くて退屈なコピーで良いという訳ではありません。ここは間違えないようにしておきましょう!

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回はECサイトでも応用できる、客のハートをつかむコピーライティングの基本をご紹介いたしました。

コピーライティングは最終的に、書いて書いて書きまくることが上達のコツです!

しかし書く前に基本的な知識を入れておくと、効果的なコピーを書くクセがつくので必ず押えておきたいところ。

コピーライティングをECサイトの集客の1つとして考えているなら、是非ご参考にして下さい!

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar