だから売れない!売れるネットショップに大切な7つのこと

LINEで送る
Pocket

ネットショップを運営していても、なかなか売上に結びつかないという話を聞くことがあります。

よくあるのが、売れるためのポイントが守られていないことです。このポイントがおさえられていないのであれば、いくらネットショップを出しても成功は期待できません。

ネットショップに大切な7つのことについてご紹介します。

ネットショップに大切な7つのこと

ネットショップに大切な7つのこと

コンセプトを明確に

ネットショップにはコンセプトが必要です。コンセプトとは簡単に言うと、そのお店をどうしたいのか、ということです。言い換えると、お店の方向性ということですね。お店の方向性が決まっていなくても、売上をあげることは一応は可能です。ただし、一時的なものになるでしょう。長続きはしません。

リピーターなどの愛用者を獲得したり、ECサイトとして継続的に売上をあげる。そのためには、コンセプトを明確にしておくことが大事なのです。では、コンセプトはどのように決めればいいのでしょうか?いろいろと方法はあるのですが、次の質問をみてください。

  • どんなお店なのか?
  • 誰に使って欲しいのか?
  • このサイトを使うとどんな得がある?
  • 主力商品は何?
  • 今後はどんな商品を売っていくのか?

コンセプトについてしっかりと練っているのであれば、こういった質問にスムーズに答えられるでしょう。参考にしてみてください。

誰に売るか?

商品を売るということは、当然ですが商品を買ってくれるお客さまがいます。ネットショップで対象とするお客さまが明確であれば、サイトデザイン販売すべき商品もおのずと頭に浮かんでくるものです。主なチェック事項をまとめておきましょう。

  • お客さまの年齢は?性別は?職業は?
  • どんなライフスタイルを送っている?
  • どんなことに興味があるのだろうか?
  • ネットはスマホを使う?それともPC?

顧客の目線に立つ

ネットショップの運営では、顧客の立場をよく考えて行っていくことが必要です。

一つあげると、ネットショップは買う側にとってリスクがあります。例えば、気になった洋服があるとしましょう。実店舗であれば試着もできますし、状況によっては返品に応じてくれるところも多いです。ネットショップの場合は、実際に手にとって見ることができませんし、間違って買ってしまう可能性だって出てきます。顧客の立場からすると、心配なんですね。

サポートを充実させたり、他のお客さまからのレビューを掲載することで、こういった心配が減ります。購入までのハードルも下がり、売上アップにつながっていくのです。

このように、ネットショップを運営する時はいつも顧客の気持ちを考え、しかるべき対策をとっていかなければいけません。

SEOやマーケティング

ネットショップでの集客を上げていくには、SEOやマーケティングを実施するようにしましょう。

SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索結果で上位に表示されることをいいます。インターネット上には、ネットショップが乱立している状態です。少しでも検索で上位に表示されることが、サイトへの流入を考えると必要です。

また一般的なマーケティング施策も行いましょう。TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSも積極的に活用していくといいでしょう。

魅力的な商品を

ネットショップもお店なのですから、商品が魅力的でなければ売上をあげることができません。見込み顧客にとっても、そしてネットショップの運営者にとっても魅力を感じる商品です。

見込み顧客にとって魅力的でなければいけないことは、ご理解いただけるかと思います。商品が欲しくなければ、購入をしてもらうことができないからです。見込み顧客が興味を持つのは、どんな商品なのか。想像をしたり、アンケートを実施することもいいでしょう。

くわえて、ネットショップの運営者にとっても魅力を感じる商品でなければいけません。あまり意識されていないことだと思いますが、これはかなり大切。興味を持てない商品を扱っていると、本気で運営に取り組むことができません。自分が欲しい、もしくは興味を持つ商品を選ぶようにしましょう。

商品の説明

写真や説明、仕様など、商品の情報を充実させるようにしましょう。

実店舗とは違い、ネットショップで得られる商品の情報は少なくなりがちです。実際に手に取ることができませんし、試食や試着もできません。その分だけ、商品の説明は可能な限り充実させるようにしましょう。

サイトのデザイン

ご存じの通り、最近ではスマホの利用者が増えました。オンラインショップやフリマアプリも流行ってきているので、ユーザーの目も肥えています。

そのため、デザインができていないことは致命的な問題になります。手抜きでつくったネットショップは、専門家でなくても一目でわかってしまいます。オリジナリティがあって、スマホに対応するなど使い勝手にも配慮されたデザインが理想的です。

まとめ

ネットショップで売上を上げるためのポイントについてご紹介しました。

他にもいろいろとポイントはあるのですが、ここで取り上げた内容は必ずやっておくようにしてください。継続的に取り組み、ネットショップで売上をアップさせていってくださいね。

LINEで送る
Pocket

Web屋さん兼IT記事ライター。ピンとくるウェブサービスやガジェットを探すのが趣味です。どうぞよろしく。

Sliding Sidebar