ECサイトのメディア化を考えている人に教えたい成功事例4選!

LINEで送る
Pocket

こんにちは、みっしぇるです!
最近のプチ衝撃だったのは、ナマハゲ役の募集をハローワークでやっていたということです。
何人か応募が来て、実際にナマハゲとして働いているそうですよ。働くっていっていいかわからないけど…。

さて、そんなことはさておき!
近頃、ECサイト運営者の中でコンテンツマーケティングの効果的と言われている手法、サイトの「メディア化」ってご存知ですか?

ECサイトの認知度や便利意識が広がるのは喜ばしいことですが、競合が増えるのが最大の懸念点ですよね。

他とは違う自分だけの強みを見つけて打ち出していたかと思えば、次の日には似たようなショップが山ほど周りにいる様な時代です。

ただ、それは価格など消費者の購入しやすさのみを追求した場合で、取り扱う商品を軸に考えて独特なアピール方法を展開すれば、あなただけの世界観を作ることができます。

その世界観をまず気に入ってもらい、「ファン」になってもらうことで、本当の商品の良さやブランドイメージを知ってもらうことができ、集客力・売上を上げることができるというのが「メディア化」なのです。

そんなメディア化にもやり方は多種多様です。

あなた独自の方法を見つけるのもいいですが、まずはメディア化をすることによって成功を収めたECサイトで勉強をしましょう!
今回は中でも有名な4サイトをご紹介したいと思います。

ではご覧ください!

北欧、暮らしの道具店(ライフスタイル編)

北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店

今までいくつかのECサイト関連の記事を書いてきましたが、「北欧、暮らしの道具店」さんにはよく例に出させて頂いていて、個人的にとてもお世話になっています。

しかし選ばれるだけの魅力があるのは確かです。

「北欧、暮らしの道具店」さんがメディア化のために行ったのは、サイトを利用して「ライフスタイル見せる」ということ。

サイトを見るとわかりますが、商品アピールというよりも読み物の方が目立つ様な作りとなっています。
もちろん最終的には商品を購入してもらうことが目的ですが、商品の良さを押し出すよりも、雑誌のような世界観で読んでも楽しめる場所を実現させようとしたことでメディア化が成功し、ECサイト自体のファンが定着したのだと見られています。

ライフスタイルをわかりやすく伝えるために、特集などのコンテンツがとても多く投稿させていて、カテゴリの種類もとても豊富です。
コンテンツ内も質のいい写真が多く掲載されて、スタッフが実際に雑貨を利用している風景なんかもあるので、とても世界観をイメージしやすくなっています。

良質なのは特集だけではなくて、商品詳細ページもしっかり気遣いが行き届いていて、商品の良さがわかりやすく伝えられています。

徹底されたこのライフスタイルを見せる方法で、ブランドイメージを浸透させるだけでなく消費者は親近感を覚え、徐々にショップの雰囲気の虜となっていったのですね!

コンテンツが充実するまでの更新作業が大変ですが、損することはないはずです。
コツコツ更新を重ねて、ターゲット層の心を掴みましょう!

Lidea(知識編)

Lidea

Lidea

お次はユーザーが「暮らしに役立つ知識を得ることができる」という部分に重点を置きメディア化を図った、あのライオン株式会社が運営するLideaというサイトです。

主婦層にはとっても嬉しい、暮らしていく上での悩みや困り事を解決できるような豆知識が詰まったコンテンツが盛りだくさんなこのサイト、もちろん自社の得意な生活製品の宣伝もしっかり行っているのですが、ポイントなのは「バランス」です。

商品を販売する側としては、どうしても宣伝することに意識が行ってしまって、前半がためになる良質な内容だったとしても、いざ宣伝するとなったらうっかりガツガツ感が出てしまったりしますよね。
商売をする上で、販売商品が良いものでもそうでないものでも宣伝をするという行為はどこでもすることです。

更に通販となると、直接人と会ってやりとりをしない分、ネット上の情報だけで購入するしないを見極めなければいけません。
そんな中、こんな時はこの商品!これでお困りの方はこの商品で!などと言われても、素直に「そうなんだ!」と信じてくれる人は今はそうそういないと考えた方が賢明です。

そこでLideaでは、コンテンツと商品紹介のバランスをしっかり見極め、「宣伝感」が出てしまわないようにうまく調整しています。
豆知識を中心にコンテンツ内では紹介し、記事の下にさらっと「LIONのおすすめ商品」という欄を作り、その枠内のみで商品写真を載せています。

それもすべての記事内にあるわけではなく、宣伝要素がない記事もあるので、サイト全体を見ているとどちらかというと「暮らしの豆知識サイト」のように感じます。

他にも質問コーナーを設けたり、主婦を支援するようなイメージを感じさせるコンテンツ内容なので、自然とライオン製品に対してポジティブなイメージを植え付けることに成功しているように感じますね!

ライスフォース(SNS活用編)

ライスフォース

ライスフォース Facebook

女性なら知る人ぞ知るライスフォースさんです。
ネットサーフィンをよくするという人はきっと知っている人多いのではないでしょうか?私は広告バナーとかで見かけて知りました。
しかしライスフォースさんが成功したのは広告バナーのおかげではなく、SNSの有効活用によるECサイトメディア化にあると思われます。

SNSを利用するということで、ライスフォースさんはFacebookを基本媒体に選びました。

メディア化作戦を始めた時期、日本ではmixiが圧倒的に強かったのですが、Facebookの将来性に何を感じていたのでしょうね!
あえてFacebookを媒体に選び、そこで「ブランドイメージ向上」活動を行うことにしたのです。

ブランドイメージ向上といっても、ひたすらブランドについて語るわけではなく、ターゲット層である30代~50代女性が惹かれるような食べ物や旅行の風景などの投稿が主です。今でもそういった投稿がされているのでFacebookアカウントを見てみてるとわかりやすいです。

宣伝とは程遠い日常的な投稿をし続けることで、共感を得て親近感を感じてもらえ、次第にライスフォースってなんなのか?と興味を持ってもらえます。
ブランドのことを気付かないうちに身近に感じているので、販売商品もあまり疑いの目で見ることなく、商品説明も自然と頭に入ってくるという方が少なくないはずです。

こうしてライスフォースさんはメディア化に成功し、Facebook社からも成功ケースと認められ、2012年秋にベストプラクティスに選ばれるほどの業績を残しました。

SNS活用方法はいくつもありますが、ライスフォースさんのような徹底した戦略を続けていくことこそ成功につながる鍵なのかもしれませんね!

土屋鞄製造所(SNSと情報編)

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所 Facebook

こちらもよくご紹介させて頂いている気がします。土屋鞄製造所さんです。
上質な革と飽きのこないシンプルのデザインで、職人が手で一つ一つ作っている味のあるバッグや名刺入れなどの小物を製造しているショップです。
持っているだけで、自分の品もぐっと上がるような気持ちにさせてくれそうなこの世界観がサイトを通じて伝わってきます。

そんな土屋鞄製造所さんは、ECサイトでは商品に関する情報を重視し、更にFacebookを利用してブランドの世界観と職人の愛情を表現することでマーケティングに成功しました。

まずはFacebookですが、これはサイトでもそうですがまず目を惹かれるのがセンス・質、共に良い写真ですよね。
飲み込まれるような綺麗でクオリティの高い写真に、ここで購入すると失敗するのではないかなんていう不安は自然となくなり信頼感が生まれます。
そこに添えられた文章が多くを語らないのに惹かれてしまうのは、きっと文章・写真・ブランドイメージがうまくマッチしているからなのだと思います。
そこへ時折見せる職人が鞄を作る風景やこだわりなんかを見たりすると、丁寧さや愛情が垣間見え、ブランドイメージ向上にもつながっています。

そして、ECサイトに行ってみると、今度は簡単には購入させません。

えっ!と思うかもしれませんが、土屋鞄製造所さんは商品の魅力をまず十分に知ってもらった上で購入を検討してもらいたいという意向があるようで、商品購入ボタンが商品詳細ページのずーっと下に設置されているのです。

長い詳細文を載せたりすると読むのが億劫になり、ページ離脱率が増えるリスクもあるのですが、こちらのサイトでは文章の量・余白・写真の量などのバランスも考え、息苦しくならない様なページ内容になっています。

そんなこだわりも全部ひっくるめて、土屋鞄製造所というブランドなんだと思えるような世界観を演出できたことも、メディア化に成功したポイントの一つなのかもしれませんね。

最後に

4つ、ECサイトのメディア化に成功したサイトをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ご紹介していく中で、個人的にはやはりガツガツし過ぎず、消費者によって利益を感じられるようなコンテンツ作りをすることが重要なことのように感じました。
コンテンツを作ったら、いったん冷静に見て、第三者ならこれを見て何を感じるだろうかと考えるということが必要ですよね。

一言に「メディア化」とは言いますが、マーケティングというものはそもそもちょっとやったらすぐ反響につながるようなものではありません。根気よくコツコツ続けてこそやっと芽が出て、少しづつ育てていくようなものだと思います。

イライラしてしまうこともあるでしょうが、長い目で見て、今回ご紹介した成功例を参考にしながら、自身のECサイトを良いものにできるよう励んでもらえればと思います!

では今回はこのへんで!みっしぇるでした!

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar