最速で理解する!マーケティングオートメーションの基本とは?

LINEで送る
Pocket

近年、アメリカではマーケティングオートメーションという言葉が注目を集めています。これは、マーケティング業務を効率化してくれるソフトウェアのことです。

マーケティング業務は従来、煩雑になりがちでした。マーケティングオートメーションはこういった業務のムダを省くとともに、精度の高い施策の手助けとなってくれます。

本記事では、マーケティングオートメーション基礎的な知識についてまとめています。マーケティングに携わる方には必見の内容になっていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

マーケティングオートメーションの基礎知識

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションとは、アメリカで登場したソフトウェアのことです。オートメーション(自動化)という言葉からわかるように、マンパワー(人力)で行っていたマーケティング活動を効率化するものです。

マーケティングオートメーションを提供している会社は、アメリカを中心に複数存在しています。各サービスごとに機能に違いはあるのですが、主な機能をまとめると下のようになります。

  • コンテンツの配信(主にメール)
  • キャンペーンの管理
  • リードの分析とターゲティング
  • KPIの設定と計測
  • レポート機能

マーケティングオートメーションが登場した背景

ビッグデータ

ところで、なぜマーケティングオートメーションが登場したのでしょうか?得られる効果を理解したり、活用もし易くなります。背景について簡単に解説しておきましょう。

マーケティングは、自動化や標準化が難しい業務と言われてきました。扱うデータの量も種類も多いですし、分析も専門的なプロセスが必要だったからです。それではなぜ、マーケティング業務の自動化ができるようになったのでしょうか?

最も大きな理由は、IT技術の進歩です。特に、ビッグデータが利用できるようになったことが大きいですね。ビッグデータとは、これまで扱うことができなかった大量かつ複雑なデータのこと。

マーケティングで扱うデータも、いわばビッグデータなのです。コンテンツや媒体が多様化し、顧客との接点は多岐にわたります。その上で、顧客の行動を集計して分析することは、人力では困難ですよね。

ビッグデータ周辺技術の進化によって、膨大なデータとその解析をソフトウェアにまかせられるようになりました。マーケティングオートメーションが生まれた背景には、そういったところにあります。

マーケティングオートメーションで得られるメリット

マーケティングオートメーションを導入すると、どういったメリットが得られるのでしょうか。代表的なメリットについてまとめておきましょう。

マーケティング業務の効率化

マーケティング業務の効率化が、最大のメリットです。

これまで人力で行っていた作業のほとんどを、ソフトウェアにまかせられるようになるのです。データの集計やメールの配信は、あまり頭を使わない業務ですよね。そういったところはソフトウェアにまかせて、本来のマーケティング施策に注力できるようになるのです。

ミスや失敗が減る

これまでは人力で行っていたため、どうしても人為的なミスがありました。マーケティングオートメーションを導入することでこういったミスを極力減らすことができるようになります。

またビッグデータ技術によって、リードの分析がより正確に行うことができるようになります。これによって失敗の少ない、確度の高い施策を行っていくことができるようになります。

マーケティング業務の改善

マーケティングオートメーションは業務を自動化するだけでなく、業務改善のための機能も備えています。

その一つが、KPIの設定と計測です。KPIとは、マーケティング施策の達成度を測る指標のことです。マーケティングオートメションでKPIを継続的にウォッチしながら、マーケティング業務を日々改善していくことができるようになります。

まとめ

マーケティングオートメーションの特徴について解説してきました。得られるメリットも多く、従来のマーケティング活動を大きく変えてくれる期待のツールと言うことができます。

マーケティングオートメーションがうまく利用できるかは、マーケティング以外の部門との連携も重要になってきます。経営戦略や営業部門などの方も、知識として持っておくといいでしょう。

なお、マーケティングオートメーションは導入する会社の体制によって、使い方が大きく異なってきます。導入を検討されている方は、自社の組織についても考慮しつつ、最適なマーケティングオートメーションツールを選択するようにしてください。

LINEで送る
Pocket

Web屋さん兼IT記事ライター。ピンとくるウェブサービスやガジェットを探すのが趣味です。どうぞよろしく。

Sliding Sidebar