今話題のLINEモール!その基本的な使い方と特徴をまとめました!

LINEで送る
Pocket

ネットショップ界隈でいま最も注目を浴びているのが、フリマサービスです。フリマとは、中古品などの不用品を個人間で売ったり買ったりすること。最近ではフリマができるアプリがとても人気なんです。

さまざまなサービスがあるのですが、その中でもLINEモールは大人気のサービスです。「LINE配送」「LINEグループ購入」などのサービスもあり、快適にフリマができます。

本記事では、LINEモールの特徴と基本的な使い方について解説します。手軽にフリマができるので、いままでフリマアプリを使ったことがない方にもおすすめです。

フリマアプリ「LINEモール」

LINE MALL

LINEモールとは?

LINEモールは、コミュニケーションアプリのLINEをリリースしているLINE株式会社によるフリマサービスです。本格始動したのは2014年なので、フリマサービスとしてはまだ新しい部類に入ります。

LINE MALL(ラインモール)-LINE公式/誰でも簡単に売ったり買ったりできるフリマアプリ

フリマサービスには、LINEモール以外にもメルカリやヤフオクなどいくつかのサービスがあります。他のフリマサービスと比較しながら、LINEモールの魅力について見ていきましょう。

LINEモールの特徴

スマホアプリだけで使える

LINEモールは、スマホアプリだけで全ての機能が使えるようになっています。パソコンを立ち上げることなくサッと出品ができますし、商品検索や購入、料金の支払いもスマホで済みます。

LINEの系列アプリということもあって、操作もし易く、商品も見やすくレイアウトされますね。

手数料が無料

LINEモールでは、出品や決済、購入にあたり手数料がかかりません。利用者側としては、商品の価格だけを考えればいいので楽ですね。メルカリやフリルなどのサービスでは、10%の販売手数料がかかります。これは大きな違いですね。

ただし、販売した商品の代金を回収するときには210円の手数料がかかります。フリルも同様で、210円の手数料がかかります。メルカリの場合は、1万円未満の振り込みでは210円、1万円以上では無料となっています。

独自の配送方式がある

LINEモールでは、LINE配送という独自の配送サービスを使うことができます。商品のサイズごとに一定の料金になっているので、大手の配送サービスを使うよりも配送料を抑えることができますね。

なおLINE配送を使って商品を送った場合、いったんLINEの中継倉庫に商品が運ばれます。そこから再度、出品者の住所に送られる仕組みになっています。相手に住所を知られることなく匿名で利用できるので、安心ですね。

LINEモールの使い方(基本編)

それではLINEモールの使い方についてご紹介していきましょう。といっても、LINEモールのアプリはとても使いやすくできています。LINEの公式ページでは、たった2分で出品ができるとうたっているほど。

出品する

LINEモールで出品する方法です。アプリをひらいたら、マイページをひらき「出品する」をクリックします。商品の写真やカテゴリ、販売価格などの商品情報を入力して、「出品」をクリック。これで完了です。とっても簡単ですね!

タイムラインを見る

次に、タイムラインを見る方法です。タイムラインでは、出品された商品が時系列に表示されます。使い方は、左下の時計マークをクリックするだけです。

お気に入りを見る

気になった商品は、お気に入りをしてウォッチしておくといいでしょう。お気に入りした商品は、画面下のハートマークをクリックすれば見られます。

検索する

LINEモールに出品されている商品を検索します。右下の虫眼鏡マークをクリックして、キーワードを入力します。商品名やブランド、ショップ名などで検索できます。

まとめ

LINEモールの特徴や使い方についてまとめました。ご紹介したように、LINEモールは他の大手フリマサービスに引けをとらない魅力的なアプリです。

出品も簡単で、アプリもサクサク動きます。LINEが開発しただけあって、アプリの使いやすさはピカイチ。料金面でも、メルカリなどの他のフリマアプリに勝る部分はあります。

まだまだ利用者数は少ないのですが、LINEの普及を考えると今後ユーザー数や出品数をもっと増やしていくことでしょう。

LINEで送る
Pocket

Web屋さん兼IT記事ライター。ピンとくるウェブサービスやガジェットを探すのが趣味です。どうぞよろしく。

Sliding Sidebar