競合と差をつける!Instagramを使った新たなマーケティング手法とは?

ECサイトネットショップのマーケティングの一環としてInstagramを利用している人は多いと思います。ですが、いまいち効果が出ないと悩んでいる方も多いことでしょう。

今回は、競合と差をつけるInstagramを使ったマーケティング手法をご紹介します!これから、紹介する事例を参考にInstagramの新たなマーケティング手法を知ってください。

それでは、早速見ていきましょう!

Instagramは多くのネットショップと相性が良い

Instagramは写真をメインにしたSNSです。これまで代表的なSNSであるTwitterやFacebookでも写真を投稿することが可能でした。

しかし、InstagramはこれらのSNSの中でも、写真をメインにしたSNSです。写真に特化しているため、商品を写真で紹介するネットショップと非常に相性が良いです。

また、Instagramで投稿した写真からネットショップへとユーザーを導くことができるので、他のSNSに比べて訴求性が高いです。

写真を中心にした世界観を実現した事例

山元

木工yamagen

こちらの木工yamagen様はInstagramをうまく取り入れた世界観が魅力的なネットショップです。

サイト自体に文章は少なく写真メインのサイトになっています。そのため、ユーザーに直接訴えかけることができます。

主に家具を販売しているネットショップなので、家具の制作風景などを中心にサイトが構成されており、他のネットショップと一線を画しています。

木工yamagen Instagram

Instagram

サイトに比べて、Instagramではさらにリアルタイムで制作過程を見ることができます。家具の制作風景なんて普段は見ることができないのでユーザーの関心をひきます。

このように、ただ文章で商品の魅力を伝えるだけではなく、写真で伝えることもできるのです!

今後は写真を軸としたコンテンツ増える!?

Instagramが若者を中心に流行っている昨今。多くの企業が写真を中心としてコンテンツを展開しています。

今後は、写真を軸とした直接的なコンテンツが増えることが予想されています。TwitterやLINEなど短文のSNSが人気になっている背景もあり、ゆくゆくは文字ではなくこうした写真やアイコンでのSNSやコンテンツが増えることがでしょう。

とはいっても、現在はまだ文字による訴求性が高いです。写真中心に展開する場合はしっかりと考えて展開するようにしましょう。

まとめ

競合と差をつけるInstagramの新たなマーケティング手法について理解していただきましたでしょうか?

常にマーケティングは変化を続けています。Instagramでのマーケティングの形も今後は変わってくるかもしれません。こうした手法を参考にしながら最新の手法を取り入れていきましょう!

ぜひ、現在Instagramを運営している方は、今回紹介した手法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

Sliding Sidebar