WordPressでネットショップを開設したい人必見!開設する5の方法とは?

LINEで送る
Pocket

今、ネットショップをWordPressで開設する方が増えています。

もはや身近になったWordpressですが、ブログやサイトだけでなく、ネットショップの開設にも利用されていて、専用のプラグインまであることをご存知だったでしょうか。

全てを無料で作ることも出来ますし、有料とはいえ少額で本格的なネットショップを作ることだって出来ます。やはりWordpressの魅力はその辺りにあって、期待を裏切らないところが支持されている理由でもありますね。

そこで本記事では、ネットショップをWordPressで開設したい人にお勧めの方法を5つご紹介したいと思います。

手軽にネットショップを始めたい人や、デザインや自分好みのネットショップを開設したい人は是非ご参考にして下さい!

無料のネットショッププラグインを使って開設する方法

無料のネットショッププラグイン

WordPressと言えば優秀なプラグインが揃っていて、そのほとんどが無料で使えるところが魅力ではないでしょうか。

ネットショップのプラグインでも無料で使えるものがあります。そして気軽に導入できて、決済機能までついているので一度は利用してみたいですよね。

そこで、まずは無料でネットショップを開設したいという方にお勧めのプラグインをご紹介します。

Welcart

Welcart

Welcart

このプラグインをインストールするだけで、オリジナルのショッピングサイトを無料で作ることが出来ます。

Welcartで出来ることは色々ありますが、その中でもイチオシの機能がこちらです。

  • クレジット決済対応
  • 送り状連携
  • 後払いドットコム連携

こちらの3点は全て無料で利用することが出来ます。また有料で定期購入や売上集計、クーポンコードの発行が出来るようになります。

Welcartのデモサイトはこちらをご参照ください

WP−OliveCart

WP−OliveCart

WP−OliveCart

今使っているテーマにショッピングカートをつけたい場合は、olivecartで簡単に実現することが出来ます。

特にサイトデザインにこだわったネットショップを作りたい方にお勧めですね。また、無料で利用することの出来るお勧めポイントがこちらです。

  • 使っているテーマがそのまま使える
  • スマートフォン表示に対応
  • Paypal、クロネコWebコレクトのクレジット決済に対応

使い方は日本語できちんと説明があるので安心です。難しいタグを入れる必要はなく、商品登録をしてカートに入れるボタンをページに挿入するだけで利用可能です。

有料のネットショッププラグインを使って開設する方法

有料のネットショッププラグイン

有料のプラグインを使うことで、無料よりも高度で使える機能を手に入れることが出来ます。

例えば在庫管理クーポン発行機能など、本格的なネットショップの運営も可能になり、やりたい事の幅も広がります。

基本的には買い取りなので月々に支払う必要はなく、迷ったり分からないことがある場合は問い合わせも出来ます。

そして有料のプラグインの中で、日本語に対応したお勧めプラグインがこちらです。

CMS×WP

CMS×WP

CMS×WP

ショッピングカート、商品管理、注文管理など、ネットショップの運営に不可欠な機能を搭載した万能プラグインです。

さすがに有料だけあって機能面は充実していますね。情報商材系のダウンロードサイトの構築も可能なので、様々な用途で使うことが出来ます。

中でもお勧めのポイントがこちらです。

  • 今使っているテーマに導入することが出来る
  • 会員登録あり、なしでの注文に対応
  • ポイント機能やアフィリエイト機能に対応
  • 有料会員制サイトの構築も可能
  • ギフト、メッセージカード、のし対応

まだまだ書き出せばきりがありませんが、ネットショップを本格的に始めたい方なら、これだけ使える機能が揃っているのは魅力だと思います。

無料プラグインの機能に満足できないなら、こちらも検討してみると良いかもしれませんね!

購入や決済部分だけショッピングカートを利用する方法

ショッピングカートを利用する方法

カートの部分だけレンタルしてセキュリティ面を強化するという方法もお勧めです。

WordPressだけで開設するのは怖いという方や、小規模で取り扱う商品の数が少ない場合もこの方法はお勧めです。

小規模のサイトの場合、本格的なネットショップのサービスを利用してサイトを構築すると、どうしても寂しい見た目になってしまい、商品の少なさが浮き彫りになってしまいます。

その点、Wordpressでブログのように見せることでその悩みを解消することが出来ますし、さらに大事な決済部分は外部に任せることで安心して運営をすることが出来ます。

もちろん商品数の多い場合でも、この方法なら悪質な攻撃から大事な顧客データを守ることが出来るのでお勧めです!

購入や決済部分は外部のネットショップサービスへつなげる方法

ネットショップサービスへつなげる方法

あまり費用はかけたくない、でも安全面には気を遣いたい。このように考えている方にはこの方法がお勧めです。

購入や決済は無料のネットショップサービスを利用することで、全てを無料で作ることができ、セキュリティ面の不安も解消してくれます。

具体的には無料のネットショップサービスで商品ページを作成し、そのページに対してリンクを張ればOKです。

また過去に無料ネットショップサービスに関する記事を書きましたので、こちらもご参考にしていただけると幸いです!

いまどき無料で開業できる!優れたネットショップ5選!

既存のネットショップへ送客する方法

既存のネットショップへ送客する方法

既に運営しているネットショップがある場合、WordPressを集客の1つとして利用する方法があります。

あくまでもメインは運営しているサイトですが、SEOに強いWordpressを集客のための手段として使うことで、より多くのアクセスを商品に対して集めることが可能になります。

方法としては4番目に紹介した内容に近いですが、例えば楽天市場などのショッピングモールを運営している場合などはこちらの方法が適しています。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回はWordpressでネットショップを開設するための5つの方法をご紹介いたしました。

SEOに強いWordpressでネットショップを開設すれば、オーガニックのアクセス数が増えるなどのメリットがありそうですね。

ただWordpressはもともとネットショップ用に作られたソフトウェアではないので、セキュリティ面では気を遣う必要がありそうです。

今回ご紹介したなかで、「購入や決済部分だけショッピングカートを利用する方法」なら比較的安全かなと思いました。というのも、Wordpressは世界的に有名で悪質な攻撃にあってしまう可能性が無い訳ではありません。なので顧客データに関しては専門のところに任せたほうが安心だと思います。

もちろんWordpress自体もセキュリティ面には自信があると思いますが、ネットショップは顧客が命なので慎重すぎても良いのではないでかと思います。

少しでも気になった方法があれば是非お試し下さい!

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar