Instagram(インスタグラム)で売上をアップさせた活用事例:サプリメント販売会社SHREDZ編

LINEで送る
Pocket


1Shredzさん shredz • Instagram写真と動画https://www.instagram.com/shredz/

SHREDZはプロテインをはじめとするサプリメントを販売する会社だ。米国において2012年に設立された。設立1年後の2013年度には500万ドル(約6億円)の売上を記録している。

このSHEREDZはソーシャルメディアを積極的に運用したマーケティングが特徴的で、その中でもInstagram(インスタグラム)が同社の成長を大きく支えたそうだ。SHREDZは170万人のフォロワーを持っている。

一体このSHREDZはどのようにしてInstagram(インスタグラム)を運用してきたのか見てみよう。

2012年のある日、SHREDZの創業者のArvin Lal (以下ラル)氏はトライアスロンに参加したのだが、ラル氏の友達が自分で調合した減量のためのサプリメントをくれた。ラル氏はそのサプリメントを摂取し始めたところなんと2週間で体重が8ポンド(約3.6キログラム)も落ちたのだった。

ラル氏はその友達と話し合って、この薬が合法であるのならば大量生産してビジネスにしようと決め、早速5000ドル(約60万円)の貯金を切り崩してSHREDZと名付けたサプリメントの瓶を生産し始めた。

Instagram上の美男美女トレーナーの写真がSHREDZの認知度向上に貢献

しかし商品を準備したのはいいものの、その商品を顧客に対してどうやって販売するのかという問題が出てきた。そこでラル氏が取組んだのはFacebook、Twitter、Instagramへ記事や写真などのコンテンツを投稿して顧客を獲得するコンテンツマーケティングだ。FacebookやTwitterには提携したアスリートに書いてもらったフィットネスやトレーニングに関する記事を投稿してもらった。

2 paigehathaway • Instagram写真と動画https://www.instagram.com/paigehathaway/
ソーシャルメディアの中でもとりわけInstagram(インスタグラム)に投稿した提携している美男美女のトレーナーの写真のコンテンツに対しては多くの反応をもらったという。またフィットネス業界でそこそこ有名なトレーナーだったというPaige Hathaway(ハサウェイ)氏とのパートナーシップはお互いの知名度を上げることに貢献しあった。ハサウェイ氏のアカウントにはSHREDZの商品のディスカウント情報などの投稿を行ってもらってきた。

インフルエンサーを発掘し、共に成長する

Shredzさん shredz • Instagram写真と動画

有名と言ってもハサウェイ氏(ハサウェイ)はパートナシップを結んだ当初は8000人しかフォロワーがいなかったそうだが、現在では330万人のフォロワーを持つまでとなっている。

このハサウェイ氏をはじめとする「フィットネスモデル」やトレーナーとの提携というのはSHREDZの認知度の向上に大きく貢献した。このハサウェイ氏とのパートナーシップの例が面白いのは、お互いがお互いにフォロワーの認知度の向上に貢献できていると同時に、単なるモデルではなくフィットネス業界のモデルという「フィットネスモデル」という新しいカテゴリーを確立した点だろう。

このようにInstagram(インスタグラム)が面白いのは、これまで存在しなかったようなカテゴリーの影響力を持つ個人(インフルエンサー)の登場を促進している点だ。またそのインフルエンサーの登場は利害が一致している企業が発掘することもこのSHREDZの例から分かる。

このSHREDZのように自社の方向性と一致したインフルエンサーを発掘し、パートナーシップを結むことで自社のブランディング、認知度向上に役立てるという流れは今後強まっていくだろう。

商品の使用レビューをInstagramに投稿

2Shredz Resultsさん shredzresults • Instagram写真と動画https://www.instagram.com/Shredzresults/

このSHAREDZのようなサプリメントというのは、商品だけを見てもその効果がいまいち分からない商品だが、その商品の効果(ビフォー・アフター)を写真で並べると分かりやすい。

実際に商品を使用した顧客にその効果(ビフォー・アフター)の写真をInstagram(インスタグラム)に投稿してもらうことで潜在顧客の購買につながるコンテンツを集めている。

まとめ

当記事ではサプリメントという一見ビジュアル中心のソーシャルメディアであるInstagram(インスタグラム)とは相性の悪い商品を販売している企業がフォロワーを大幅に増やすことに成功しまた売上につなげた方法について述べた。

再度SHAREDZがInstagram(インスタグラム)を活用したことをまとめると自社ブランドに適したインフルエンサーを見つけパートナーシップを結ぶ、商品の効果がわかりやすいように使用レビュー(ビフォー・アフター)をまとめるということだ。

Instagram(インスタグラム)では自社の商品がマッチしていないと思われている人もいるかもしれないが、このSHAREDZは工夫次第で多くのフォロワーを持つアカウントを育てることも出来ることを示してくれている。

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar