How to buype

EC・ネットショップ

EC・ネットショップ運営に役立つ情報を発信

by 木村 慎治

【ネットショップ運営者必見!】商品説明がサクサク書ける5つのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ネットショップ運営者必見!】商品説明がサクサク書ける5つのポイント!

ネットショップの商品説明は書くのが面倒臭い!」

そう思っているなら、ちょっとしたポイントを知るだけでその考え方が変わるかもしれません。

商品説明を適当に書いているようでは、売上げを伸ばしたくても伸びるはずがありませんよね。ユーザーが商品を買うかどうかは商品ページに懸かっているので、その商品の説明が何よりも大事だということは考えなくても分かるはずです。

そこで本記事では、ネットショップの関係者なら絶対抑えておきたい、商品説明をサクサク書けるポイントについてご紹介したいと思います。

ポイントは全部で5つです。お伝えしてることは単純なことなのですぐに理解できると思います。是非ご参考にしてくださいね!

この商品を使うと思われるターゲットを絞り込む

ターゲットを絞り込む

まずは伝えたい相手を絞り込む必要があります。この商品を使う人はどんな人なのか、その人物像をハッキリさせておくことで、年齢層や性別、どんな職業なのかまで予想することが出来ます。

また、このようにターゲットを絞り込むことで商品説明のブレを無くすことができ、伝えたいことが一貫しているので最後まで読んだ時に納得度が増すようになります。

ターゲットの問題や解決しない理由を教える

解決しない理由を教える

ターゲットを絞り込んだら、次にその人たちが抱える問題を見つけていきます。そしてその問題について調べ上げ、こちらはその問題に熟知していることを知ってもらいましょう。

そうすることで、「この人は私の問題を良く知っている」とか、「まるで私の気持ちが読まれてるみたいだ」という風に思わせることが出来ます。

また、そもそもなぜその問題が解決しないのか、その理由を教えることも大事です。例えば過去に上手くいかなかった改善策などをチェックして、なぜそれが上手くいかなかったのかを調べれば伝えやすいと思います。

他社製品との違いが何なのかを伝える

他社製品との違い

ここまで来るとユーザーの心に期待が芽生えるようになります。この商品なら問題を解決してくれるかもしれないという、その期待を裏切らないために商品の魅力について伝えていきましょう。

ここで伝えるのはその商品にしかない独自の売り、つまりUSPについて詳しく書き出して、それを分かりやすく伝えることです。

良い意味で他社製品との差別化を図り、ここにしかない唯一のものとして認識してもらうようにしましょう。

何が可能になるのか未来像を描く

未来像を描く

独自の売りを伝えて商品の良さをアピール出来たなら次のステップに移りましょう。

次は、ユーザーが抱えている問題や悩みが無くなったら今よりも状況がどう変わるのか、その未来像を知ってもらうことです。

また、商品を手に入れることでこれから何が出来るようになるのか、人生に何が起こるのか、どう人生が変わるのかなど、極端に言えばこのような感じで未来像をユーザーに想像してもらい、ポジティブなイメージを持ってもらうことが大切です。

基本的に人が商品を買うのは、悩み、問題、苦境を解決する為に、何かしらの理由をつけ自分を正当化し購入します。ここではまさに、自分を正当化してもらうための理由を知ってらうのが役目になります。

それが分かってもらえれば、後は購入する為に何をすれば良いのか教えるだけです。

ページを見ているユーザーに何をして欲しいかハッキリと書く

何をして欲しいか

最後のポイントです。ここではユーザーに対して何をして欲しいのかハッキリ伝えましょう。つまり行動を呼びかけるのです。

行動とは商品を買ってもらう、メルマガに登録してもらう、電話をかけてもらうなど、何かしらのアクションをユーザーにとってもらうということです。

また、言うまでもないと思っていることでも丁寧に伝えるようにしましょう。例えば商品を購入するボタンのテキストを、「ご購入」と書くよりも、「ご購入はこちらをクリック」など、動詞を入れて分かりやすく伝えることで、スムーズにゴールまで導くことが出来ます。

さいごに:これで終わりではなく常にトラッキングを!

商品説明を自分なりに頑張って作ったものの、イマイチ期待した結果と違うなら何度でも修正して変更していきましょう。

一回で満足のいく結果になることは滅多にありませんし、そもそも満足すれば終わりというものでもありませんので、テストして実行しての繰り返しを忘れないようにしましょう。

またサクサクとネットショップの商品説明を書けるようになるには、難しいことを頭で考えるよりも、今回ご紹介したようにユーザーの目線に立って書いていくことが大事です。

押し売りではなくユーザーにとってどんなメリットがあるのか、どんな未来が待っているのか、どう変化するのか、その辺りを考えてまとめることで、始めから終わりまでまとまりのある商品説明を書くことが出来ます。

いかがだったでしょうか。ここまでネットショップの商品説明についてご紹介してまいりました。

本記事を読んでみて、少しでも商品説明の重要さに気付いていただけたら幸いです。書いたら公開してトラッキングする、まずはこれを繰り返し、あなた独自のオリジナル商品ページが作れることを願っています。

この記事が気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部に戻る