How to buype

マーケティング

マーケティングに役立つ情報の関連記事

by 木村 慎治

今だからこそ知りたい!コンテンツマーケティングの仕組みとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今だからこそ知りたい!コンテンツマーケティングの仕組みとは?

コンテンツマーケティングで成功したいなら、本記事でご紹介する仕組みについて詳しく知っておきましょう。

そもそもコンテンツマーケティングとは何なのか、その基礎知識をしっかりと理解すれば成功に導く方法が見えてきます。

そこで、冒頭でお伝えしたとおり、本記事ではコンテンツマーケティングが上手くいくための仕組みについてご紹介したいと思います。

すでに実践している方から初めての方まで、コンテンツマーケティングをもっと具体的に知りたい方は是非ご参考にして下さい!

コンテンツマーケティングって一体なに?

コンテンツマーケティング

まずはコンテンツマーケティングについてご説明します。

コンテンツマーケティングとは、見込み客を自社サイトへ引き寄せるために、魅力的なコンテンツを活用して集客する手法のことを言います。

「コンテンツを使ってマーケティングする」、まさに読んで字のごとくですが、ただコンテンツを作るのではなく、ユーザーにとって価値あるコンテンツを作ることが大前提となっています。

インバウンドマーケティング(プル型)

インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングは広告やメルマガとは違い、ブログやwebサイトなど、興味を持ったユーザーが自ら検索をして見つけてもらうことを目的としています。

別の言い方では「プル型」、つまり押すのではなく引いて待つマーケティング手法と言う訳ですね。

この場合、ユーザーが自ら興味を示して訪問してくるので、ページの滞在率が高くなり、よりこちらの提案に魅力を感じてもらうことが出来ます。

コンテンツマーケティングとSEOの関係

コンテンツマーケティングとSEO

コンテンツマーケティングSEOとの相性が抜群です。

それもそのはず、SEOとは検索エンジンの表示順位を上げるための施策です。そして検索エンジンの代表格であるGoogleは、ユーザーにとって有益なサイトを評価する傾向にあります。

魅力的なコンテンツを活用したコンテンツマーケティングは、まさにこのSEOの施策にピッタリなものと言えるのです。

また、コンテンツマーケティングを企画・作成する際、特定のキーワードを狙っておくと、よりSEOとして効果が出やすくなります。

コンテンツマーケティングの進め方

コンテンツマーケティングの進め方

ここからは、コンテンツマーケティングの作成方法についてご紹介したいと思います。

実際にどのような形で進めていけば良いのか、その辺りを段階を追ってお伝えしてまいります。

始めにゴールを設定する

何はともあれ、まずはゴールを決めておきましょう。

例えば商品の購入だったり、メルマガ登録や資料請求など、コンテンツマーケティングで獲得したい顧客をイメージして設定するようにしましょう。

ペルソナ設計で顧客像を把握する

顧客の人物像をイメージすることで、どのようなアプローチが最適なのか、その方法を見つけることが出来ます。

ここでいう顧客とは理想の顧客と言う訳ではなく、例えば商品を買ってくれそうな人はこんな感じの人という風に、ターゲットを絞り込む意味での人物像になります。

コンテンツをプランニングする

次にコンテンツのプランを作成していきます。

まだ見ぬ潜在顧客へアピールしていくには、ここでしっかりと計画を練る必要があります。初めに狙いたいキーワードを選定し、そのキーワードをもとにコンテンツを計画していきます。

先ほど作成したペルソナを使って、ターゲットとなる人物像に訴えかけるように作っていきましょう。

良質なコンテンツを作成していく

せっかく頑張ってコンテンツを計画しても、ここで間違ってしまってはその努力も水の泡です。コンテンツの作成こそ最も大事な部分になります。

ここではSEOを意識したコンテンツ作りが鍵となります。キーワードを念頭において作っていくようにしていきましょう。

またライティングの技術も必要になってくるので、ある程度は文章力を磨いておく必要があります。

公開から検証、修正を繰り返す

コンテンツが出来上がったら公開し、経過を検証していきましょう。

この場合の検証ですが、例えばどの部分で離脱しているのか、どの部分でコンバージョンに繋がっているのかなど、離脱率やコンバージョン率を検証していきます。

そしてその検証結果をもとにして修正し、また公開して検証するというサイクルになります。

さいごに

いかがだったでしょうか。今回はユーザー自らが興味を示してくれるような、コンテンツマーケティングの仕組みについてご紹介いたしました。

コンテンツマーケティングは広告のようにお金をかけなくて済むので、そういった意味でも魅力的ですよね。

しかし一度や二度のチャレンジでは、コンテンツマーケティングを成功させることは難しいと思います。その理由はいくつかありますが、中でもユーザーの心理を理解する作業がもっとも難しいと思います。

曖昧で核心をついていない内容だと、早い段階でユーザーに見透かされてしまい、結局コンバージョンに至らず離脱してしまうという結果になってしまうので気を付けたいところですね。

まずはコンテンツマーケティングの仕組みをしっかりと理解し、ユーザーの確信をついたコンテンツプランニングを心がけていきましょう!

この記事が気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部に戻る