How to buype

WEB制作

webデザインを通した集客方法や事例の紹介

by みっしぇる

オウンドメディア運用を成功に導く5つのコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オウンドメディア運用を成功に導く5つのコツ!

ガリガリ君が値上げするそうですね。棒の部分の素材が値上がったのが原因だそうですよ。
そんなの関係なく買い続けますがね・・・!みっしぇるです!

さて皆さんは、「オウンドメディア」という言葉を聞いたことがありますか?
知ってるよーって人も今一度おさらいしておきましょう。

オウンドメディアを広く定義すれば、自社所有の媒体になります。Webサイトやブログだけに留まらず、広報誌、冊子のようにリアル媒体も含むもの。

参照元:オウンドメディアとは何か、明快に分かる!

 

オウンドメディアを利用することで、広告やSNSだけでは伝えきれなかったことの真意などをしっかり説明することができ、正確な情報を発信することによって信頼度を上げる効果が期待できます。SNSまで親近感はでないかもしれませんが、メルマガや問い合わせ・コメントなどでユーザーとの接点を作ることができるのもメリットだと思います。

ではこのオウンドメディアをうまく運用するためには何に注意すべきなのか?

人が目で見て読んで情報を得るものなので、何より大切なのは運営者側がユーザーの視点に立って物事を考えることなのですが、具体的にどういう点を注視すべきなのか・・・
今回は、オウンドメディア運用を成功に導く5つのコツをご紹介したいと思います!

オウンドメディアを成功に導く方法① サイトの目的・ターゲットを明確にし理解する

目的・ターゲット

「オウンドメディアを運用する」などの新しいことを始めようとする際、必ずそこには目的がありますよね。まずはチーム全体がその目的とは何かをしっかり知っておかないといけません。

目的達成のために皆でまっすぐそこに目指すことができて初めて、良いものができるのではないかと思います。その目的意識をしっかり皆でシェアすることが出来たら、それを基にサイト構成やコンテンツ内容を決めていきましょう!

あとターゲット層を絞り込むのも忘れずに!
絞り込んで決定したターゲットをペルソナなどを活用しながらしっかり分析し、どういったメッセージを伝えたいのか・・・これもしっかり全員で理解しておくようにしましょう。

  • わざわざオウンドメディアを使用する理由はなにか?
  • それによって何が得られるか?
  • そのために何をすべきなのか?

大切な部分だけど忘れてしまいがちな部分でもあります。しっかり頭に入れておくなり見えるところに書いておくのが良いと思います!

オウンドメディアを成功に導く方法② ユーザーとのコミュニケーションの場を設ける

ユーザーとのコミュニケーションの場を設ける

オウンドメディアを「情報発信の場」と言ってしまうと一方通行の感じがしてしまって本当の意図と違ってきてしまいます。そもそもなぜ情報発信を行うのか?

ユーザーに正しい情報を提供して、ブランドイメージや商品の詳細を知ってもらうのはもちろんですが、今後顧客ともなりえるユーザーとの接点を作るためというのも重要な部分だと考えます。
なので情報発信した上でのユーザーからの反応というのは、今後の運営にとっても大切な部分だと思います。

やり方としては、コメントやお問い合わせフォーム、Q&Aなどのユーザーが意見・質問を投稿できる場を設け、企業の自己満足で終わってしまわないようにしましょう。

また、SNSアカウントをお持ちならSNSとつなげてうまく連携させておくことで、より信頼度が高く親近感の沸く関係性が築けるかと思います!
その時得られたユーザーからの声は、読んだから終わりではなく、何かしらのアクションを必ず起こしてあげましょう!

例えば、いいね!や返信コメント、Q&Aなら質問に素早く明確に答えるなど。
対応が早ければ早いほど、ユーザーはポジティブな印象を抱くと思います。

オウンドメディアを成功に導く方法③ 全体的に一貫性を持たせる

全体的に一貫性を持たせる

例えばあなたは高級感のある綺麗めな化粧品サイトを持っていて、サイト内も文章も少し固めだけど信用性を重視した形にしているとしましょう。サイトだけでは限界なのでオウンドメディアとしてブログを立ち上げ、そこで商品関連の情報発信をしていこうと試みます。デザインも化粧品サイトを似たようなものしたけれど、文面はチャラい感じの口調でテンション高めの投稿ばかりをしています。

どう感じるでしょうか?

せっかくユーザーと接点が持てるのなら面白いものを提供したい、と感じる方はきっと少なくないと思います。気持ちはわかりますが、サイトのイメージと文面が異なるとそれはもう違和感でしかないのです。

いくら内容は正確でためになる情報が詰まった良いコンテンツだったとしても、不快感を感じてしまったら最後まで読んでもらえる可能性は低くなってしまいます。

なので全体的な一貫性というのは大切なことなのです。
高級感のあるイメージを持たれているのならば、お堅く・・・とまでする必要はないと思いますが、はじけすぎたりするのだけはやめましょう。

オウンドメディアを成功に導く方法④ 関連既存メディアはしっかりつなげる

関連既存メディアはしっかりつなげる

オウンドメディア以外にも自社サイトなど、関連性のあるものがあるのならしっかりリンクを貼ってつなげておくようにしましょう。

SNSアカウントを持っているならもちろんそれらをしっかりつなげておくように!
ユーザーはどのタイミングで自社製品に興味を持ったり、SNSアカウントを見たいと思うかはわかりません。
ただその時のために、できるだけわかりやすく目立つデザインのバナーなどで、一目でこれはあそこに行ける!と感じさせるようにし、更にわかりやすい場所に設置するようにしましょう。
場所に関しては、第三者の立場に立って、SNSや自社サイトなどのリンクはどこにあると思うかなどを考えて設置するといいと思います。

オウンドメディアを成功に導く方法⑤ 更新は継続的に

更新は継続的に

運営を続けていると、コンテンツ量がどんどん多くなりページ数が100を超えたりして、今までコツコツがんばってきたなぁ・・・と達成感を感じられます。しかし、そこで手を止めてはいけません!

例え、100ページを超えるほどの情報量がそこにあったとしても、最新記事が一向に変わらないような更新が停滞しているサイトは、いずれユーザーは離れていくことになるでしょう。

実は私自身ブログなどを見る際、そこを結構気にしてしまいます。
最近記事の日付がかなり前だったりすると、このブログ大丈夫なの・・・?と正直不安というか、ガッカリしてしまいます。
これ以上新しい情報を得ることはできないし、そこにある情報はすでに古いものなのでいくら遡って説得力のある記事を見つけたとしても意味ないのかも・・・と感じてしまいます。

そのブログが何か商品を取り扱っていたりする場合、こういったネガティブな印象がついてしまうのは致命的ですよね。
ブログ停滞=商品も売れてない・・・?と不安要素が少しでも浮上してしまうとそれは悪影響になりかねません。
オウンドメディアを始めるなら、少しでもいいから定期的な更新を心がけ、しっかり続けていけるようにしておきましょう。

最後に

はい、ここまでで5つのオウンドメディアを成功させるコツをご紹介してきました。
いかがでしたでしょうか?

基礎じゃん!と思うかもしれませんが、何度だっていいます。基礎だからこそ大切なのです!
特に目的を見失っては一貫性も失い、チームの連携も取れないですから、そこから良いものを作ろうとしてもうまくいきません。
あと、最終的にメディアに対して評価をするのは企業でもチームでもなく、ユーザーです。
ユーザーの声はめんどくさがらずにしっかり聞きましょう!そして反応することを忘れずに。

ではこの記事が誰かのお役に立てますように!みっしぇるでした!

この記事が気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部に戻る