『PCからスマホに完全シフト!』スマホサイトの評価がGoogle検索結果と順位を決めるモバイルファーストの進化!5つの対策と考察

ここ数日、WEBマーケティングやSEO対策界隈でざわついているGoogleの仕様変更ですが。個人的にも会社の方向性としてもスマホファーストというかこうなる展開は時代と人などの流れを見ると至極当然のことだと思ってましたので『来たかっ!』という感じですが。

とはいえ今の段階で確定しているSEO対策のランキング要素などなどの情報は少ないため、現時点では最低限のスマホサイト最適化に対応をするためにモバイルフレンドリーテストやPageSpeed Insightsでユーザービリティを高めること。

適切にスマホサイトの情報をインデックスしてもらい、評価をもらうための構造化データの対応などでしょう。ただ一般的な事業者の方に言えるのはそれらの対策よりもまだまだスマホサイト未対応というケースが非常に多いため、まずはスマホサイト対応を急がれることです!!

我々のスマホサイト・オリジナルアプリ無料作成ツール『Tenpossでは誰でもつかえるマーケティングツールをコンセプトに開発中です。ぜひご利用ください。

スマホサイト・オリジナルアプリ無料作成ツール『Tenposs』

※サイトリニューアル中でお問い合わせフォームが工事中です^^;mailにてご連絡ください。
mail:fujiyoshiあっとhunters.co.jp

モバイル版とPC版で検索結果は分けない!

結論から申し上げますと、

検索結果は分かれません!

各所でモバイルとPCの2つの検索インデックスが数か月内にリリースされ、完全に分離されるという報道がいつくかのメディアやSEOの専門家の方から発表されていますが。今回は検索結果が分離するわけではないようです。すべて鵜呑みにせずに今やるべきことを対処するのがよさそうです。

繰り返しですが、モバイルの検索結果とPCの検索結果が別々になるわけではありません。あくまでもモバイルファーストインデックスに変更され。今までPC向けのサイト、インデックスを評価基準としていたものをモバイル向けのサイト、インデックスを評価の基準にするという評価基準の変更がされたわけです。

さらっと書いてますが、結構大きな順位変動などは起こるでしょうから。そもそものモバイルフレンドリー対応できていない方は早急に対応が必要です。

具体的にどういう発表だったの??

詳しいことは他のサイトなどでもご紹介されてますが。Googleがいよいよ表立って

PCよりもスマホをメインターゲットにするよ~!

と発表したんです^^(こんなにラフな感じではありませんが。。)

発表は、アメリカラスベガスでPubCon Las Vegas 2016というSEM(ソーシャルマーケティング)やソーシャルメディア(FacebookやTwitterなど)に関するカンファレンスで行われたんですが。このPubConというのは、2000年からほぼ毎年行われているものでSEO界隈でも世界的に有名な方も参加されるため非常に注目度の高いイベントでして。

こちらのPubConでGoogle のGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏がモバイルファーストインデックスへの移行を計画していると発表したことから始まりました。

今までのGoogleにおいて検索エンジンの順位付けの要素としてはPC向けのインデックスをメインとして見ていたのが。これからはモバイル・スマホ向けがメインになりその要素をもとに順位付けされるようになるということです。

つまり今までPC向けでは100点満点中20点の配点があったSEO対策の要素が、スマホ向けに切り替わることで5点とかに減ったり。逆に35点と大きく増えたりとする可能性があるという事が言えます。

 

これからどう対策するべきか?

情報が錯そうしており、SEO対策の専門家といわれる業界でも有名な方や媒体でもまだ明確に指標が出ていない中ではありますが。1つだけ言えることが、Googleが今までに行ってきた細かなアップデートなどとは違い。明確にそして大きく方向性を変える事をGoogle自身が明言したことになります。

スマホサイトは作らないとWEBビジネスは出来ません!!

当然必要だとは思いつつも今まで本腰を入れてこなかった方も多いスマホサイト対策についても、スマホサイト作成、最適化と対応が必須となります。ただ難しいことを考えてあれやこれやとする前に、まずはスマホサイトできちんと情報を見れるこの状態にしてあげることが最重要事項です。

これを機会にスマホサイトを持っていない方、作っていない方はまずはスマホサイト対応と制作を実施しましょう。

なぜスマホサイトが必要なのか??

モバイルファーストが単にWEBマーケティングやWEB業界のことだけと悠長にとらえていらっしゃる方もたまにいますが。インターネットで検索からのアクセスで新規顧客獲得や、見込み顧客を獲得したいというような方ならば今や

スマホは1人に1台の時代です!!

これは肝に銘じておかなければなりません。今や80代でもLINEをする時代です。3歳児でもYouTubeを愉しむ時代です。すべて私の周りのお話しなんですが。年齢や性別問わずこれからのウェブマーケティングでは確実にスマホ対応が必須です。

参照:スマホサイトの必要性 ~スマートフォンサイト作成入門~

こちらの記事にも書いておりますが。スマホユーザーが目に見えて増えてきて。なおかつGoogleもYahoo!もスマホからの検索やアクセスがPC(デスクトップ)に比べ圧倒的に増えてきているんです。

こうなるとどちらに事業として比重を置くか経営者でなくても誰でも理解できると思います。これが現時点で既に起こっており。実際にGoogleがスマホに力入れるよって明言したんですね。

今までも度々スマホサイト・モバイルファーストを重要視しますよ〜というアナウンスとアップデートが行われましたが。今回は重要視とかのレベルではなく、検索順位を決める基準・アルゴリズムをPCからスマホに完全にシフトしたわけです。

既にスマホサイトを持っている方は!?

表示速度を早くしよう!

r550q1bo5ea5u5qf0f

スマホサイトの評価がメインに切り替わることでスマホサイトユーザーにとってメリットが多いことが要素として重きを置かれることは間違いないと考えてます。当然ですが。サクッと開けて、サクッと読めるサイトっていうのは非常に大事な要素になると個人的には考えてます。

なので表示速度を出来る限り早くするための対策を実施しましょう。おそらくですが。これからのSEO対策にとっては大切な要素になると考えてます。ここは個人的な見解になっちゃうので外れたらすいません、けど外れててもスマホサイトを見るお客さんにとってはメリットでしかないんでぜひぜひやりましょう。

参照:モバイルフレンドリーとは!?~SEO対策とコンバージョンに必須な2つのtips~

こちらの記事でも紹介していますが。GoogleのPage Speed Insightというツールでスピードをチェック改善することができます。

参照:GoogleのPage Speed Insight

使い方は非常に簡単です。URL入れて分析ボタンを押すだけです。

 

モバイルフレンドリーのチェック!

モバイルフレンドリー

スマホサイト、モバイル対応と最適化が出来ているかのチェックができるGoogle提供のツールがありますのでこちらでURLを入れて分析するだけで大丈夫かどうかが見れます。もし何か問題があれば問題点を指摘してくれます。

こちらも基本的なところではありますが。確実にエラーをなくしておくのがベストです。

参照:Googleモバイルフレンドリーテスト

ページの構造

PCサイトとスマホサイトのURLを全く別のものにしているケースがありますが。この場合、極端に言うとスマホサイトのURLのみの評価にて加点されることになります。

またPCとスマホサイトで大きくコンテンツに違いがあるサイトなども影響を受ける可能性があります。もちろん、出来るだけスマホサイトを軽くするためというのも理解できますが。出来るだけコンテンツや構成に違いが出ないように作れるのが理想です。

リンクの評価

PubconでGoogleの発表を聞いていたThe SEM Postの記事執筆者のJennifer Slegg(ジェニファー・スレッグ)氏によるとリンクの評価についての言及はなかったと記事中にあります。おそらくリンク対策などは特段重きを置く必要がないのではというのがわたし個人の見解です。

わざわざスマホサイトからのリンクとPCサイトからのリンクとを分けて評価するなどせずとも正しく評価を算段出来る方法を既にGoogleは見つけておりテストなども繰り返し今回の発表に至ったと考えられますので無駄にリンク対策などは必要ないかと思います。

また現時点ではSEO対策に直接的な効果はないと言われているSNSからの被リンクですが。スマホ・モバイルファーストにシフトした今、ユーザーは毎日のかなりの時間をSNSで消費しています。そうなると流石にSNSの動向を無視できないため評価への影響などは動きがあるのではないかなと思ってます。

参照:Google Search Switching to Mobile First Index from Desktop Index|The SEM Post

 

まずはスマホサイト対応しましょう!

今までスマホサイトへの対応を重視するようなアップデートが度々起こるたびにひやひやした方もいらっしゃるのではないかと思いますが。今回のそれはアップデートなどではなく、Google自体が検索エンジンとしてPCではなくスマホサイトをメインに評価・決定していくという発表でありました。

まだ情報が少ないため出来ることは限られると思いますが。まずはスマホサイト対応と最適化。そして余裕があれば、スマホユーザーにとってよりよいデザイン・コンテンツにしていくためのプランニングやサイトの見直しを行ってください。

これはGoogle検索エンジンへのSEO対策とかではなく、純粋にサイトにアクセスしてくれたユーザーにとって見やすい。そして分かりやすい、役立つサイトを作ることが結果ビジネスにもつながりますし。ユーザーにとって良いサイトは、まわりまわってGoogleにとっての良いサイトという構図で評価されることにもつながるからです。

今日の名言

エイブラハム・リンカーン

Abraham Lincoln CREDIT:

If I had eight hours to chop down a tree, I’d spend six hours sharpening my ax.

もし私が木を切りたおすのに8時間与えられたら、斧を研ぐのに6時間かけるだろう。

エイブラハム・リンカーン / Abraham Lincoln

 

Sliding Sidebar