知らなきゃ損!今ドキのInstagramユーザーの検索事情

LINEで送る
Pocket

Instagram(インスタグラム)のビジネスでの活用が急速に拡大しています。ブランディングに効果があるだけではなく、ブランド認知向上を通じて販促など、直接売り上げに貢献するような効果も期待できることがわかってきているからです。
今では内外の有名ブランドがこぞってInstagramを活用してユーザーとのコミュニケーションを継続しています。こうした背景について、ユーザーの側の行動パターンを確認しながら活用のポイントを整理し、Instagramをどのようにマーケティングに活用することが出来るかご紹介します。

Instagramユーザーの利用実態

まず、ユーザーがどのようにInstagramを利用しているのか理解しましょう。

Instagram利用時間

Instagramユーザーが今、一日にどのくらい利用しているかご存じでしょうか?
下のグラフは、GaiaX SocialMedia Lab.による調査結果を表示しています。予想通りなところと、意外なポイントの2つの面があることに気づかれると思います。

Instagram利用時間調査グラフ
Instagram利用時間調査グラフ

出典 GaiaX SocialMedia Lab. による調査結果

まず、皆さんの感じることと同じと思われる点は、利用時間が「15分~30分」が一番おおくて30%を少し超えるぐらいだ、ということです。適度な利用をしている、ということで理解しやすいと思います。
しかし、2番目に割合の多い利用時間が「2時間~3時間」で、20%を超えます。
「え?」と思われる方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか? こんなに長い時間、何を見ているのだろう、と感じるのではないかと思います。
写真は無尽蔵にアップされているわけですし、それだけInstagramというプラットフォームがユーザーに受け入れられている、ということでしょう。

Instagramの利用目的と理由

同じ調査によれば、Instagramを利用するはやはり「写真をみるため」がダントツです。Instagramのプラットフォームを考えれば当然のことと思います。
その他に多いのが、「友達の写真を見るため・交流するため」とか「アーティスト・モデルの写真を見るため」などが続きます。自分の写真をアップするよりは、他の人やブランドの写真を見ることを目的としていることが多いことがわかります。
次に他のSNSではなくInstagramを利用する理由をまとめてみると「写真中心のデザインが良いから」と「友達・仲のいい人だけ交流できるから」の二つが突出しています。さらに利用している機能の割合は、「ハッシュタグ」が群を抜いています。ハッシュタグを付けることはもちろん、ハッシュタグで検索していることがわかります。まだ投稿している人よりも見ている人の割合の方がずっと多いので、ハッシュタグでの検索がInstagram利用の中心になっていると推測できます。

日本語を使えるハッシュタグを利用して写真を探す

ハッシュタグといえばTwitterでよく利用されているものですが、Instagramのハッシュタグが優れているところは、初めから日本語が利用出来ると言うことです。
ハッシュタグはもちろん正しい綴りで入れる必要があるわけですが、日本語であれば間違える可能性は飛躍的に小さくなります。日本人にとっての利用のしやすさが抜群に高いといえます。

よく利用されているハッシュタグはフォロー系のものです
。例えば”#フォロー”や“#follow”などの場合、フォローしてねとかお互いにフォローしようねというメッセージで使われるわけです。
次のスクリーンショットは、#ファッションで検索した画面です。

#ファッションタグ
#ファッションタグ

120万件もヒットすることがわかります。Instagramが好きな人が、2〜3時間という沢山の時間を使うのも頷けますね。

マーケティングに利用するInstagram

こうした傾向を見ていると、Instagramをマーケティング戦略に組み込んで活用することの大切さもわかってきます。利用ユーザーが急速に拡大し、より多くの時間をInstagramに使うようになり、有名ブランドが早々とInstagramに注力し始めている現在、写真を通じてブランディングが出来ると考えられる場合に、Instagramを活用しない選択肢はあり得ません。
先ほどの#ファッションの場合、120万件のヒットでしたが、#fashionで検索すると実に2億3000万件のヒット。桁違いの数になります。

日本語でハッシュタグが利用出来ることはInstagramのとても大きなメリットですが、できる限り効果的なハッシュタグを見つけて利用することも大切です。
ハッシュタグはユーザーがInstagramで最も多く利用する機能であり、自分好みの写真を見つける手段なので、プランドがマーケティングを行う際にもとても重要なポイントになります。
例えば、#かわいい、#おしゃれなどの日本語タグでもいいし、#cute、#prettyなどの英語のタグを付けておくのもいいと思います。ハッシュタグは、11個以上つけると効果が上がるというような調査もあります。

#ootd ?

ハッシュタグの重要性はご理解いただけたと思いますが、#ootdというハッシュタグをご存じでしょうか? “Outfit Of The Day”という意味のハッシュタグです。「今日の服装」という意味です。一見意味不明ですか、ファッション系のInstagramを運営するのであれば重要です。Instagramを効果的に利用するのであれば、こうしたハッシュタグの活用に習熟する必要があります。そのためには、さまざまなブランドのInstagramを観察し、どのようなハッシュタグが有効かを理解していくことが大切です。

ブランディングや販促に対してInstagramは効果的に活用出来ることがわかってきています。早く取り組めば取り組むほど、高い効果が期待できます。明日からでもInstagramの活用について検討して下さい。

Instagramのハッシュタグを活用したブランディングや集客でお悩みなら、弊社サービスOLO(オロ)をご検討ください。OLOはハッシュタグを利用したキャンペーンを簡単に展開できるツールです。素早くキャンペーンを実行するために利用してみてはどうでしょうか?詳しくは弊社の「OLO(オロ)オフィシャルサイト」をご覧ください。ご相談はどうぞお気軽にこちらのお問い合わせページからお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar