ネイルサロンのオーナーがすぐにInstagramを始めるべき5つの理由

LINEで送る
Pocket

Instagramマーケティングは今や業種・業界を問わずかなり重要視されてきています。今回はそんなInstagramの今とネイルサロンでまだInstagramをやっていない、またはアカウントはあるけど全く運用していないっていうサロンさんに向けて絶対にやった方が良いですよというのをその理由と一緒にご紹介したいと思います。

Instagramの今

Instagramは今や若者や女性だけのものでは無くなっています。昨年までは若者や女性が使うSNSのような風潮がありましたが。最近ではFacebookと連携させて年配の男性も利用されてきてます。

国内月間アクティブユーザー:1,600万人

10人に1人以上の方が利用している計算ですが。アクティブユーザー数ですので、アカウントのみ持っているって方も含めると更に多いユーザー数ってことになります。実際にFacebookやられてる方はほとんどがアカウント作られている印象もあるので体感ではもっと多い気がします。

Instagramで公表されている数値です。

  • 月間アクティブユーザー:7億人
  • デイリーアクティブユーザー:4億人
  • シェアされた写真:400億枚以上
  • 国内月間アクティブユーザー:1,600万人参照:公式サイト日本経済新聞

女性Instagramユーザーの61.5%がハッシュタグ検索をする

参照:#ネイル投稿 7,377,958件

Instagramは女性のヘビーユーザーさんが非常に多いですが。約6割以上のユーザーさんがハッシュタグ検索、つまり情報収集のためにInstagramでのキーワード(ハッシュタグ)検索をするというデータが公表されています。

”ハッシュタグ検索をするユーザーの41.5%が、検索から商品購入の経験があると回答。20代では60.5%が購入を経験。”

そしてこのデータが非常に興味深いのですが。この検索から商品の購入をしたユーザーが20代の場合6割以上だという結果です。これがお店への来店などを含めると更に高い数値であることは言わずもがなですが。

Instagramの投稿写真は女性にとっての最後の決め手(購買の意思決定)に非常に大きな要素と影響力を持つことは間違いないと言えます。

参照:ハッシュタグ検索をする女性Instagramユーザーの約6割がハッシュタグ検索を利用、 そのうち約4割が検索からの購買経験あり ~ハッシュタグ検索は「購入」を目的として活用される傾向に~ーザーの41.5%が、検索から商品購入の経験があると回答。20代では60.5%が購入を経験。

『検索方法が変わった!』GoogleではなくInstagramに

参照:https://twitter.com/RatchetNoguchi/status/889669595446992896

現在のスマホユーザーの情報収集の方法は大きく変わりました。今までであればGoogleで検索し、Facebook or  食べログ、ホットペッパーなどの特定アプリやサイトで検索するっていうのが一般的でしたが。

今はより自分の目的や好みに近いものを見つける。ノイズを避けるという意味でも気になるお店があればまずはGoogleではなくまず写真から見れるInstagramで検索するという方法が当たり前になってきています。そしてこれは若者だけではなくその親世代まで広がってきているので年齢や性別を関係なく間違いなくInstagramでの対策が必要になってきています。

顧客との接点とコミュニケーションを作るのはInstagramの良さ

ユーザーの情報収集の方法も変わりましたが、コミュニケーションを取る方法・手段も大きく変わってきています。今まではブログ、Facebookでの投稿を通してのコミュニケーションという方法からInstagramでの写真とコメントを通してのコミュニケーションを特に女性ユーザーは求めるようになってきています。

Instagramは女性にとって日記!?

参照:https://goo.gl/gbqQ1Y

『SNS疲れ』というキーワードで表現されているように、FacebookやTwitterで周りの友人や知人とのコミュニケーションにつかれたという方は非常に多いです。そして”鍵垢”と言って他のユーザーから見れないシークレットなアカウントをわざわざ作成し個人的な日記として楽しんだり、一部の気心のしれた友人とのみコミュニケーションをとるアカウントを持つと言ったユーザーが非常に増えています。

これらのことからSNSを使うユーザーの中では割とクローズドな使い方をされているケースが多いんです。これは拡散性が無いとみられるケースもありますが。逆にクローズドだからこそ、そのコミュニティーの密度が非常に高いと言えます。

Twitter > Facebook > Instagram

この図式のイメージのように右に行くほどコミュニティーの密度が高まるといった感じですね。ですのでここにお店の投稿写真やサロンで施術してもらったネイルの写真なんかが投稿されればより口コミや紹介、新規のお客さんの認知、来店につながるという訳であります。

ファン作りにも最適

Instagramの良さはそのコミュニティーの密度の高さもさることながら、ユーザーのアクティブさを示すエンゲージメントがFacebookやTwitterに比べても非常に高いと言われています。そしてフォトジェニック・インスタジェニックというキーワードがあるようにユーザーはInstagramで友人やフォロワーのユーザーに見せるための写真や情報、お店、サービスなどを非常に求めています。

これをお店の集客やファン作りに活かさない手はありません。ネイルであればシーズンに合わせてインスタジェニックな写真が撮れるネイル、施術を写真や動画で紹介することでアピール出来ますし。

その投稿と合わせてイベントなどを実施することで、新規のお客さんだけではなく既存のお客さんのリピート、再来店も見込めます。

まとめ

InstagramユーザーとInstagramを情報収集のツールとして使うという土壌・マーケットもようやく当たり前になりつつあります。是非この機会にまずはアカウントを開設し投稿してみるところから始めてみましょう。

すでにアカウントを持っているけれど、上手く活用できていない。。。というサロンさんは是非上手くいっているネイルサロンさんや別の業種も含めて参考になるアカウントを沢山集めてみるところから始めてみると良いかもしれません。

 

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar