知っていて当たり前!?効果的なハッシュタグの作り方~8つの戦略的テクニックと実用ツール5選~

LINEで送る
Pocket

この記事では

  • SMM戦略としてハッシュタグが持つ重要性
  • ビジネスシーンで効果的なハッシュタグの作り方
  • 効果的なハッシュタグをつけた投稿を飛躍させる8つのテクニック
  • 実践・運用するにあたり便利な具体的なツール5選

これらの内容が学べます。

  • 自社アカウントをもっと効果的に使いたいけど、どうするべきだろう?
  • SMMで使える実用的なテクニックやツールを知りたい!
  • しばらく使ってデータがそろってきたけど、どう活用すべきなの?

などの疑問や悩みをお持ちの個人事業主さんや会社のマーケティング担当者の方にはピッタリの記事でございます。

もし「ハッシュタグを使う目的」や「キーワード選定の重要性」がボンヤリとしているようでしたら「キーワード選定の重要性」にて実際の活用事例なども含めてご紹介しておりますので、参考にしてみてくださいね。
既にご存知の方でも復習や再確認をするために有効だと思います。

SMM(ソーシャルメディアマーケティング)戦略としてハッシュタグがもつ重要性

今ではマーケティングやブランディング、プロモーションなどにソーシャルメディアは当たり前のように利用されていますよね? SMM(ソーシャル・メディア・マーケティング)という言葉もご存知の方が多いかと思いますし、実際に会社でSMMを担当している方もいらっしゃるでしょう。

SMM:Social Media Marketing
→FacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアを用いたマーケティング

FacebookやTwitter、Instagram(インスタグラム)、google+、Tumblrなどの多様化したSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)でございますが、これらSNSで共通して使われているのがハッシュタグです。SMMにもハッシュタグは必要不可欠な存在であり、多くの企業が活用しております。そして魅力的な点は無料かつ手軽に利用できることです。そのため企業規模に関係なく、とても大きな効果を生みだしているのです。

中小企業事例
中小企業事例

ご紹介した事例はInstagramを用いていましたが、ハッシュタグは複数のSNSで使われています。無料かつ手軽にこれだけの効果を生みだすことができるのですからSMMにハッシュタグはどれだけ重要なのかをもうお分かりかと思います。

それでは次にそんなハッシュタグを作るには? その作り方について触れていきましょう。

ビジネスシーンでは今や当たり前、キーワード選定とハッシュタグの作り方

ハッシュタグを作ろうとして、適当なキーワードを用いて作成する。実はこれ、一番やってはいけないことなのです。先のハッシュタグを活用して大きな効果を生みだした企業はしっかりとハッシュタグ作りに取り組み、そして的確な運用をしたはずです。

はじめにどのようなキーワードをハッシュタグにするのか?
大切なポイントはキーワードの選定ですね。「キーワード選定の重要性」で既にその重要性や選定方法はご理解いただけていると思います。リンク先でも紹介しておりますが、目的別にいくつかハッシュタグを作ります。目的というのは「イベント・キャンペーン用」「ブランディング用」などなどですね。その目的ごとにキーワード選定を行い、ハッシュタグを決めます。

それらのみではなく、一般的なタグや自社独自の特有なタグ、トレンドタグなどをミックスしてあげると認知度がより高まるでしょう。

先ほどご紹介した企業のうちのひとつでは、自社の商品やブランドがあまり認知されていないため、店舗がある場所や扱っている商品のジャンルをタグに使っていたりしてします。このように現段階での自社商品やブランドの認知度も考慮にいれつつハッシュタグを活用するのも非常に大切なポイントです。

さあ、投稿しよう! しっかり選定もしたし、ミックスもした!もちろん自社の現状もしっかり考慮済み!

ちょっと待ってください。それほど素晴らしいハッシュタグをただやみくもにたくさんつけるのはよくありませんよ。実はSNSごとに最適なハッシュタグ数というものがあるのです。Instagramでは11個、Twitterでは1~2個などと投稿を効果的にする数が研究により証明されているのです。せっかくの良いハッシュタグがスパム扱いされてしまっては元も子もありません。気を付けましょう。

instagram_twitter_最適ハッシュタグ数
Instagram_Twitter_最適ハッシュタグ数

効果的なハッシュタグの作り方が分かったところで、次に運用する際のテクニックをまとめてみました。

効果的なハッシュタグを作り、準備完了!運用時に重要な8つの具体的テクニック

様々なSNSで用いられているハッシュタグ。効果的なハッシュタグをどのように作るのか、ご理解いただけたかと思います。そのハッシュタグをより多くのユーザーに触れてもらうべく、アカウントを運用する際の具体的な8つのテクニックをご紹介します。
今回はハッシュタグが主に活用されているSNS、TwitterとInstagram両方とそれぞれの計3ジャンルでご紹介します。もちろん他のSNSと共通している点もあると思いますので是非実践してみてくださいね。

Twitter Instagramで使える共通テクニック

「ユーザーがアクティブな時間に投稿する。」
せっかく投稿したのに多くのユーザーに見てもらえないようでは効果が期待できません。「SNS別!ユーザーがアクティブな時間帯」にて紹介されていますので参考にしてみてください。

Instagram、Twitterのアクティブユーザー
Instagram、Twitterのアクティブユーザー

また、認知してもらいたい商品などによってはこれに限りません。
たとえば、新作のコートをプロモーションしたいときには給料日直前のアクティブな曜日・時間に合わせて投稿する。新発売の「二日酔い対策ドリンク」を周知したいときには土日に行うより、金曜日の夕方や帰宅時に合わせるなどしてもいいかもしれませんね。

「アカウントのプロフィールにURLを記載する。」
投稿した内容にユーザーが興味関心を持ったとして、購入しようとします。しかし商品名もわからなければURLもない!そんな些細なことでお客様を逃すのはもったいないですよね? しっかりとURLを記載しましょう。
また、投稿からアカウントページへ移行したくなるような工夫やリンク先のランディングページなどにも気を配りましょう。特にInstagramでは投稿にURLを追加することができません。そのためアカウントページに誘導するような「Instagrids」というようなアプリケーションも登場しているほどです。

Instagrids
Instagrids

「ユーザーの力を活用しましょう。」
SNSにおけるユーザーの力は時として計り知れないものになります。それはプラス面においてもマイナス面においてもです。つまりはユーザーが目を留め、Re Tweet(リツイート)やRe Post(リポスト)、真似をしたくなるような投稿を意識することが非常に大切なのです。
そしてSNSは手軽にユーザーと繋がれるツールなのです。ユーザーがコメントやリプライをしてくれたならば、できるだけ返信をしてコミュニケーションをするようにしましょう。その中でユーザーから思いもよらぬ提案やアイディアをもらえたりするかもしれませんよ。

「ユーザーが気になる/知らないところを紹介しましょう。」
ひとつ前の項目でユーザーの気を引くことの大切さは述べました。ユーザーの目を引くコンテンツとして制作現場や舞台裏、原産地などのバックヤードを見せるのも非常に効果的です。

Twitterで使えるテクニック

「同じ内容の投稿を繰り返す。」
一日に時間帯をずらして同じ投稿をしてもクリック率は変わらず、逆に一日一回ではあまり効果的ではないのです。実際に研究結果があるようで、一見すると非効果的なものに思えるかもしれませんが、実は効果的なのです。
追加して投稿ごとに同意義の単語を異なるものにして反応が変わるか調べるのも良いかもしれません。
ただし、これはTwitterに限るのかもしれません。Instagramのユーザーは連投を嫌う傾向があるので注意しましょう。

「画像をつけて投稿する。」
Twitterでは画像つきだとRTされる可能性が1.5倍にもなるという実験結果があります。Instagramで投稿した写真を用いるのも良いかもしれませんね。

画像つきツイートの効果
画像つきツイートの効果

Instagramで使えるテクニック

「位置情報やタグ付けを活用する。」
Instagramの投稿ではハッシュタグのほかに位置情報や画像にタグ付けをすることができます。実店舗の位置情報や出演モデルのアカウントなどをタグ付けするのも効果的でしょう。

「女性の声を取り入れる。」
Instagramのユーザーの7割が女性と言われています。女性ユーザーがどんな情報を欲しがっているのか、どんな投稿が目を引くのかなどの声を積極的に取り入れ、実践しましょう。

ハッシュタグ以外にも効果的にSNSアカウントを運用する際のテクニックは様々ございます。ハッシュタグ活用に加えて実践することであなたの目的達成へと近づくことでしょう。
では実際にこれらのテクニックも活用し、運用を進めていく中で実際に効果があったのか? といった疑問解決やアカウント運用を便利にするツールをいくつかご紹介します。

SNSアカウントを運用する際に便利なツール5選!

効果的なハッシュタグの作り方も身につけ、そのほかの運用テクニックも使って、果たして効果があったのか? 気になる方も多いでしょう。また、実績として証明するために分析結果や数字は必要でしょう。ここでは5つの無料ツールをご紹介します。きっとあなたの運用の正しさを証明するのに役に立つ。そしてさらに便利に運用する手助けをしてくれるでしょう。

HootSuite
HootSuite

世界の大企業も利用しているSNS総合管理ツール。Instagram、Twitterなどを一元管理でき、各SNSで予約投稿や分析が可能。HootSuiteの使い方

IconSquare
IconSquare

アカウントに関連する投稿数やいいね!数、コメント、フォロワー数などの具体的な数値を分析。IconSquareの使い方

whotwi
whotwi

自らのアカウントの分析や比較をし、視覚的に分かりやすく表示してくれるツール。whotwiの使い方

今、Twitterで使われている人気ハッシュタグランキングが分かるツールついっぷるトレンド

Instagramの人気ハッシュタグランキングが分かるツールTOKYO TREND PHOTO

まとめ

いかがでしたでしょうか?ビジネスシーンで効果的なハッシュタグの作り方から自身の投稿やアカウントを効果的に運用する具体的なテクニック実用的なツールをご理解していただけたかと思います。
これらのテクニックは基本とし、運用していく中で自社や自分ならではの経験や勘から様々な施策をし、結果的に革新的なテクニック・プロモーションを生み出し、可能とできるようになることを願っております。

弊社ではInstagramやTwitterでのキャンペーンサイトを無料で作れるサービス「OLO(オロ)」を展開しております。SNSを活用してキャンペーンを展開する際には是非ご検討ください。

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar