これから普及する!?アパレルECの新たなサービス3選!

春ですね。風が強い日は髪の毛が暴れるわコートも踊りだすわで困っちゃいます。みっしぇるですこんにちは!季節の変わり目ですし、春ですし、新しい服が買いたい時期ですよね。

ECサイトで済ませちゃうという方もきっと多いと思いますが、そんなEC業界は新サービスの登場で更に賑わってきています。

以前はアパレル業界の新風として「ファッションレンタルサービス」をご紹介しました。

ECサイトが普及し出店数も増えてきている中、こういった新しいサービスでまわりと差別化するのもこの業界で生き残っていく為の一つの手ですよね。

ここまで個性的なサービスといわずとも、自分の運営するECサイトに他とは違う新しいものを導入してみるだけでも消費者側の見る目は変わってくるのではないでしょうか?そんなわけで今回は、今はまだマイナーで珍しいのかもしれないけど、これからきっとくる!

アパレルECの新サービスの3選ご紹介しちゃいます!

コーディネート提案型

STYLEST

STYLEST

STYLEST

簡単にいうとスタイリストがコーディネートしてくれた商品を購入するといったこちらのサービス。

こちらのサイトでの取り扱い商品は、プチプラでお買い求めしやすいのですが、だからといって安っぽいんじゃない?なんて心配も必要ありません。

プロによるコーディネートなので、安さなんで感じさせないほどの完成度で満足だという声もあがるほど。ファッションレンタルサービス継いでこれからどんどん増えてくるであろう新サービスですが、もう毎月利用しているというリピーターもいらっしゃるそうですよ!

今後としては、月額会員制な分、会員にメリットや充実感を感じてもらうためのサービス改善が見込めますね。

EC業界では今この「コーディネート」を意識したサービス導入が増えてきていますから、むしろそれをメインに持ってきて商品を売り出すこのやり方は的を得ていて、これからの伸びもまだまだ期待できます。

その他のコーデ提案型サービス

今きてる!と言いたくなるほど、このコーディネートを何かしらで利用したサービスはどんどん増えてきています。
STYLESTのような類似サービスをはじめ、また少し角度の違うサービスをザックリ集めてみました。

PRIMODE

アプリでスタイリストとチャットでコミュニケーションをとり、コーデを提案してもらうサービス。もちろんコーデが気に入れば購入することができます!

自分が持っている服合うものが欲しい!という時もどんなものか伝えればOK。
「明るくてふんわりしたものがいいな」なんてザックリしていても引き受けてくれるみたいですよ!

BEST STYLE ME

こちらは男性向けのアプリサービスになります。自分の服の写真を撮って、スタイリストがそれに合うコーデを提案してくれるので説明もスムーズですね。

提案コーデの詳細など、細かいアドバイスも一緒に教えてくれるので、とても親切。
購入する場合はこのサイトではなく、別通販サイトでの購入になります。

XCode

紹介してきたコーデ提案型サービスとは少し違った角度から攻めた、基本BtoB向けサービスです。

スマホ・タブレット・PCでコーデが組めちゃうのですが、例えば店頭やECサイトで導入されていれば自分で商品を組み合わせてコーデを作れちゃうのです。

このシステムを利用することでセット買い促進しようという作戦ですね!

マネキンやモデルでコーデ紹介するのが主流でしたが、これがあれば、自分でも好きなコーデが作れ、更に予めスタッフが作ったコーデを登録しておき閲覧者に紹介することもできちゃいます。

オークション活用型

UP to ME!

UP to ME!

UP to ME!

これ個人的にとっても気になります!
昨年12月にスタートしたばかりのこちらのサービスは、オークションはオークションでも、「逆オークションシステム」を導入しています。

流れとしては、どんどん自動で下がっていく価格をチェックし、自分がこの価格でなら買ってもいいかなーというタイミングで「NOW!」ボタンをクリック。そこで価格が止まるので、そのまま購入作業を進めていくといったもの。

購入できればあなたの勝ちですが、他のユーザーが狙っていることもあるので、運悪く先を越されて自分は購入できなかったなんてこともあります。

ちょっぴりゲーム感覚も楽しめるので、若干中毒性もある面白いサービスです。

取り扱い商品に関しては、中古だったりチープな質のものなどではなく、新品・高品質・洗練されたデザインで、プロが目利きし厳選したアイテムなんだそう。
オークションサイトで見られる詐欺被害の心配は必要なさそうですね!

 

サイズ問題対策型

Virtusize

Virtusize

Virtusize

ECサイトに導入する形のこちらのサービス、EC業界では知ってる人は知っているかと思います。

ECサイトに限らず、通販業界でこれまでずっと悩みの種だったサイズ問題を緩和することに成功しています。このサービスの仕組みとしては、商品と自分の持つの服のサイズを比較して、サイズ感を把握することができます!

これまで無料返品・交換サービスなどでサイズ問題と闘ってきたサイトもあります。
更に商品詳細ページに細かい寸法などを書き込むことで、より多くの商品情報を提供するということは今では当たり前になってきていると思います。

しかし、消費者はその情報をうまく利用してくれているのか?と聞かれたら少々疑問が残りますよね。
実際メジャーを使ってあっちこっち測るのは手間になってしまいます。
そこでこのサービスを利用することで消費者はより深く商品のことを感覚的に知ることができ、スムーズなショッピングができてしまうのです。

このサービスを導入しているサイト

などなど・・・他にもたくさんのサイトに導入されています。
上記は国内サイトですが、海外サイトも多く導入されているようです。

最後に

今回ご紹介したサービス以外にも、これからまだまだ新しいサービスが出てくると思います。

最近ではパソコン離れでスマホをメインに使用している傾向にあるので、スマホ上でのサービスも増えそうですね。

何か新しいサービスを展開するのであれば、アプリの開発も視野にいれておくていいかもしれません。

それでは今回はこのへんで!

Sliding Sidebar