ファッションECサイトが展開したい3つのコンテンツパターンとは?

ファッションECサイトを運営している人の中で、コンテンツ不足に悩んでいる人は多いと思います。運営がうまくいかない理由の中にコンテンツの不足というのはつきものです。

今回は、ファッションECサイトならぜひ展開したい3つのコンテンツパターンをご紹介します。大手企業なども取り入れているものばかりなので真似しやすいです。

まずは、これから紹介するコンテンツを自社サイトに取り入れて新たな展開を作りましょう。それでは、早速3つのコンテンツパターンを紹介していきます!

ファッションECサイトに使えるコンテンツパターンとは?

ファッションサイトにはいろいろなコンテンツパターンが考えられます。コンテンツを適切に提供することでECサイトに価値をつけることができます。

  • キュレーションメディア型
  • マガジン型
  • コミュニティ型

主にファッションECサイトに応用できるコンテンツパターンは以上のようなものが考えられます。どれも、一般的なサイトにも使われている形です。

これらのコンテンツを使ってファッションECサイトの集客率を上げた会社が多く存在しています。これから上記で紹介したコンテンツパターンの詳細と事例を紹介していきますので、ぜひごらんください!

コンテンツパターン:キュレーションメディア型FASHION JOURNAL CLIP

FASHION JOURNAL CLIP

まず紹介するのはキュレーションメディア型のコンテンツです。こちらはファッション系に特化したキュレーションサイトFASHION JOURNAL CRIPです。

ウェブ上のコンテンツを、ある特定のテーマや切り口で読みやすくまとめ、編集・共有・公開するサービスウェブサイトの総称。人の手によってまとめられるほか、閲覧者の興味や関心に応じて、自動的に収集・編集されるものもある。キュレーティングサービス。キュレーションサイト。キュレーションメディア。まとめサイト。→キュレーションアプリ

引用:コトバンク

キュレーションメディアとは、簡単にいうと誰でも分かるようにまとめられた記事などを提供しているコンテンツサイトのことです。

大手企業を含めて多くのキュレーションメディアがネット上に存在しています。ファッションECサイトでもこうしたキュレーション型のコンテンツを提供することで集客率を上げることができます。

例えば、ファッションに関連する記事を提供することで、ファッションに興味がある人を惹きつけることができます。そして、最終的には自身のECサイトでの購入につながります。ユーザーにとって有益な情報をまとめることでメディアとして機能します。

コンテンツパターン:マガジン型

OMG press

OMG press

続いて、ご紹介するのはマガジン型のコンテンツです。マガジンとは皆さんが知っている通り雑誌のことです。

OMGpress様では、メガネに関するさまざまな情報を雑誌のような形で紹介しています。こうしたコンテンツは読み物として非常に魅力的なので多くの集客を見込むことが可能です。

現在、あなたがファッションECサイトを運営しているなら、そのテーマに沿ったマガジン型のコンテンツを作るといいでしょう。ですが、テーマ設定などをしっかり決めなければ読み物として成立しません。

時間はかかりますが、もしコンテンツとして充実したものになれば多くの得があります。長期的なコンテンツの作成を考えている人はぜひ検討してみてください!

コンテンツパターン:コミュニティ型

my muji

my muji

最後に紹介するのは、my mujiです。こちらはコミュニケーションを軸にしたコンテンツです。コミュニティ型のメディアの場合は、ユーザーがコンテンツを広げてくれるのでこれまでとは違ったパターンのコンテンツです。

このコンテンツの場合はある程度のユーザーが必要になってきます。他のコンテンツパターンで人を集めたあとにこうしたタイプのコンテンツを展開するといいでしょう!

ただ、今の段階からこういったコンテンツがあるということを知っておくことで、今後ファッションECサイトをより良く展開していくことができるので覚えておきましょう!

まとめ

ファッションECサイトで展開した3つのコンテンツパターンでした!

どのコンテンツも育てるために時間がかかります。しっかりと企画を立てて目標を決めてコンテンツを作成していきましょう!

最初は、あまり結果が出ないかもしれませんが長く続けることで大きなコンテンツになってきます。ぜひ、こうしたコンテンツであなたのファッションECサイトを盛り上げてみてはいかがでしょうか?

Sliding Sidebar