Twitterを活用!?競合と差をつけるECサイトの集客方法とは?

LINEで送る
Pocket

集客ツールとしてTwitterはいまや必須のツールですが、使い方を間違っているケースもよく見られます。

ビジネスとして使うのですから、効果の上がるコツをおさえて運用していくことが大事です。

本稿ではECサイトの運用者を対象に、Twitterを使う上でのポイントを5つにまとめました。

ECサイトでTwitterを活用する方法

ECサイトでTwitterを活用する方法

商売っ気を見せない

Twitterに限った話ではないのですが、SNSを使ってマーケティングを行う時にはあまり商売っ気を見せない方が良いです。

ユーザーはなぜSNSを使っているのでしょうか?新しい商品を探すために使っている人は、あまり多くはないはず。実際には、SNSを楽しみたいと考えている人がほとんどでしょう。

TwitterをECサイトへの集客に活かすには、この点を理解しておかなければいけません。まずはフォロワーなどのユーザーから興味を持ってもらい、信頼関係を築く。そこをおさえていれば、ユーザーからの支持を受け、アクセスやコンバージョンアップにつなげることができるでしょう。

ハッシュタグを使う

Twitterでは投稿にハッシュタグを使うことができます。Instagramなど他のSNSにもハッシュタグ機能はあるので、ご存じの方も多いことでしょう。

それぞれのツイートには、1つか2つのハッシュタグを載せると良いと言われています。商品やイベントのハッシュタグも大事ですが、Twitterで多く使われているハッシュタグを使うことも有効です。ユーザーが興味を持ってくれそうなハッシュタグも、積極的に取り入れるといいでしょう。

リンクを載せる

集客に使うのですから、リンクを使ってユーザーを誘導しなければいけません。ツイートに商品やブログへのリンクを載せたり、プロフィール欄にECサイトや関連ページへのリンクを載せることもいいでしょう。

リンクを載せる際にぜひ行って欲しいのが、Twitterカードです。Twitterカードとは、ツイートでリンクURLを目立たせるための機能のこと。テキストのリンクだけでなく、サムネイル画像や要約を表示することができます。リンクをきれいに表示できるようになり、商品やメディアの訴求効果も高くなります。ぜひ活用しましょう。

Twitterカード

Twitterカード

なお、Twitterは「アナリティクス」というアクセス解析ツールも提供しています。ツイートに含まれるリンクが何回クリックされたか見ることができるツールです。こちらも併せて活用するといいでしょう。

ツイートする時間帯を決める

Twitterに投稿するときは、必ず時間帯を決めるようにしてください。例えば、ネットショップでは商品を買って欲しい見込み顧客がいますよね。この見込み顧客の生活スタイルに沿って、しかるべき時間帯にツイートをしましょう。

せっかくツイートをしても、ユーザーに見てもらえなければダメです。さらに、たとえ閲覧されていたとしても、それがターゲットユーザーによるものでなければ意味がありません。

時間帯や曜日を意識して、ツイートすることを忘れないでください。決まった時間帯にツイートできない場合は、自動投稿ツールもあります。うまく活用するようにしてください。

プロフィールを充実させる

Twitterを集客に活用するには、フォロワーを増やすことが必要。ですが、アカウント情報が充実していないとほとんどフォローをしてもらえません。プロフィール欄って、結構見られているんです。

フォローを稼ぐためにも、プロフィールは充実させておくようにしましょう。Twitterアカウントのプロフィール欄では以下の項目が設定できます。

  • プロフィール画像
  • ヘッダー画像
  • 名前
  • 自己紹介
  • 場所
  • ホームページ
  • テーマカラー
  • 誕生日

ユーザーに興味を持ってもらえるような作成を心がけてください。

まとめ

いまやTwitterは集客に欠かせないツールになりました。

見込み顧客との接点を増やし、コンバージョンを増やすことにダイレクトに効いてきます。

ご紹介した内容を参考にしていただき、上手に活用していってくださいね。

LINEで送る
Pocket

Web屋さん兼IT記事ライター。ピンとくるウェブサービスやガジェットを探すのが趣味です。どうぞよろしく。

Sliding Sidebar