今話題のインフルエンサーってどういう意味?調べてみました!

LINEで送る
Pocket

インフルエンサーという言葉を聞いたことがありますか?ウェブマーケティングではよく使われる用語なのですが、案外正しい意味が知られていません。

TwitterやFacebookなどのSNSが日常生活に浸透している現在、インフルエンサーはマーケティングでより重要になってきています。用語の意味をしっかりと理解した上で、マーケティングに活用していくことが求められています。

本記事では、インフルエンサーの意味やインフルエンサーの探し方について解説します。

インフルエンサーの基礎知識

インフルエンサー

インフルエンサーとは?

インフルエンサーとは、ウェブマーケティングにおいて重要な働きをする人物のことです。

インフルエンサーは、英語では「influencer」と書きます。「影響をあたえる」という意味の「influence」を含むことからわかるように、ネット上で影響を与える人物のことを指しています。

もう少し具体的に言うと、TwitterやFacebookなどのSNSや、ブログなどのメディアを使って情報を発信している人物のことです。インフルエンサーの発した情報によって、商品やサービスの売れ行きが左右されることもよくあります。

誰がインフルエンサーなのか?

ところで、いったい誰がインフルエンサーなのでしょうか?

ウェブ上には、多種多様なインフルエンサーがいます。わかりやすいところで言うと、芸能人やモデル、スポーツ選手などの有名人ですね。日ごろからテレビやブログでたくさんの人に見られていますから、有名人が発した情報はたくさんの人の注目を浴びるのです。

著名なブロガーやYouTuberと呼ばれる人たちも、インフルエンサーと言えます。おもしろいコンテンツや有益な情報を発信していて、ネットだけにとどまらず、テレビや書籍でも活躍しています。多数のファンを抱えているので、影響力も大きいのです。

インフルエンサーの探し方

インフルエンサーについてご理解いただけたでしょうか?この記事ではもう一歩だけ踏み込んで、マーケティングとの関係についてみていきたいと思います。

実は、インフルエンサーはマーケティングとの相性が良いことで知られています。インフルエンサー・マーケティングという言葉が使われているほど。インフルエンサーの力を借りることで、販売戦略やブランディングでの効果アップが期待できるのです。

マーケティングに活用するためには、まずはインフルエンサーを見つけなければいけませんよね。インフルエンサーを見つける方法について、いくつかご紹介しておきましょう。

SNSで直接探す

インフルエンサーに力を貸してもらうには、まずはインフルエンサーを探す必要があります。一番手っ取り早いのは、SNSで直接インフルエンサーを探すこと。

例えば、Twitterのトレンドを見てたくさんのリツイートを集めているユーザーを探してみたり、アナリティクスを使ってもいいでしょう。FacebookやGoogle +などのSNSでも、同様に検索を使ってインフルエンサーを探せます。

ツールを使う

インフルエンサーを選ぶ時に、主観が入ってしまうと困ります。できれば数値化して選びたいもの。

そこでおすすめなのが、KloutやPeerIndexなど、SNSでの影響力を測定するツールです。SNS上での影響力が点数で確認できるので、客観的にインフルエンサーを選ぶことができます。

Klout

Klout

Klout

Kloutは、アメリカの企業が運営しているツールです。Twitterのフォロワー数やリツイートの回数、Facebookの「いいね!」などを元に、そのユーザーの影響力を数値化して見られます。

PeerIndex

PeerIndex

PeerIndex

PeerIndexもKloutと似たようなサービスです。SNS上での影響力をもとに、インフルエンサーを探すことができます。

Kred

Kred

Kred

Kredは、独自のアルゴリズムでネット上での影響度をスコアで見ることができるサービスです。スコアもビジュアルで表示されるのでわかりやすいですね。

まとめ

インフルエンサーの基礎知識と探し方についてご紹介しました。マーケティング用語と聞くと何やら難しそうですが、私たちも日ごろからインフルエンサーの影響を受けているのです。

記事でご紹介した通り、インフルエンサーとの協力はマーケティング施策の一手になります。インフルエンサーを活用して、ビジネスを加速させていきましょう。

LINEで送る
Pocket

Web屋さん兼IT記事ライター。ピンとくるウェブサービスやガジェットを探すのが趣味です。どうぞよろしく。

Sliding Sidebar