モバイルフレンドリーとは!?~SEO対策とコンバージョンに必須な2つのtips~

LINEで送る
Pocket

モバイルファーストが今の時代には必須だとだれもが理解し認識するぐらいスマホユーザーが増え。スマホでのインターネット利用に抵抗を感じないインフラも整備されております。また同時にユーザーが利用する、コンテンツやサービスも充実しどこかしこでもスマホをいじっている人を見かけるぐらいユーザーの可処分時間にスマホは欠かせないものになりました。

 

 

これに伴ってgoogleも昨年2015年と今年2016年のプレスリリースにて、モバイルフレンドリーのアップデートを発表されました。このアップデートにより、アルゴリズムの要素としてモバイルフレンドリーを以前よりも更に重要視するとしたようです。

これで更にGoogleでのSEO対策においてはスマホサイト対応は必須のものとなりました。

 

 

サービス提供やEC事業者を展開される方も嫌でも耳にされてるかと思いますが。いまいちど、モバイルフレンドリーについて

 

  • エンドユーザーであるお客様にとって必要なことなのか?
  • SEO対策への影響はどうなっているか?

 

モバイルフレンドリー対応の方法やツールの使い方などを交え ウェブビジネスにおけるモバイルフレンドリーとはという観点から考えてみたいと思います。

 

モバイルフレンドリーとは

モバイルフレンドリーとは、googleが推奨し推進しているスマホサイト対応の事を言います。

 

具体的にはWEBサイトやホームページをスマホや携帯電話で見やすく使いやすい表示に最適化することを意味します。googleのSEO対策や検索対策への影響も大きいアルゴリズム( Googleが検索結果のランキング要素)においてこれからますます重要になるとプレスリリースにて2度に渡り発表され。

 

SEO対策にモバイルフレンドリーは必須??

今年2016年のプレスリリースにて明確に更に重要視すると公表されています。一時は、検索結果にモバイルフレンドリー対応のサイトには 「スマホ対応」のラベルが表示されましたが。現在では表示はなくなりました。
しかし、SEO対策やgoogleの検索結果ランキングのアルゴリズムへの影響度合いは確実に日々増しています。

参照:2016年3月17日 ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み

 

スマホファーストとモバイルフレンドリーの違いって??

スマホファーストは、事業者である皆さんの認識としてスマホサイトに力を入れ。時代やユーザーのトレンドとしてPCサイトよりも前にスマホサイトを使うし見るよってことです。モバイルフレンドリーは、スマホや携帯電話でいかに使いやすいか見やすいサイト・サービスに出来ているかを表現するさいに使います。厳密にはどっちもユーザーにも事業者にとってもスマホ、携帯電話に対応したサイト・ホームページが大事だってことです。

 

グーグルモバイルフレンドリーについて紹介

googleがアルゴリズムとしてモバイルフレンドリーを重要視してる事はご紹介しましたが。具体的に現在(2016年9月)の状況と対策方法をgoogleの公式情報やモバイルフレンドリーツールの使い方などを交えご紹介します。

Googleモバイルフレンドリーの現状

2016年の2度目のアップデート発表によりSEO対策において非常に重要であると公式発表がされました。これにより対策していないサイトは大幅にランクダウンし逆に対策しているサイトは順位を大きく上げれる可能性があります。

 

色々なキーワードで検索してみると分かるんですが。ビックキーワードと呼ばれるgoogleで月間検索数が多いキーワードではほぼ全ての検索結果でスマホサイトが占めています。

 

ミドルキーワードではちらほらPCサイトも混じっているというキーワードもあります。これはある意味で、自社やお店のサービス・商品をスマホユーザーに知ってもらえる大きなビジネスチャンスだと言えます。

 

SEO対策にモバイルフレンドリーは必要??

店舗や地域に根ざした事業をされる方にとっては、地域名+サービス名などがターゲットキーワードになるケースがあるかと思いますが。地域によってはまだまだスマホサイト最適化がされていません。

 

これをまだまだ他社がやってないから、必要ないよと見られる方もいますが。まだこれからな状況の今だからこそ大きく順位を上げれるチャンスなんですね。

SEO対策の観点だけでなくモバイルフレンドリーやユーザビリティの観点からは逆にどこもやっているという状況でも必須ではあります(^ ^)

では具体的にやるべきことを紹介します!!

1、Googleモバイルフレンドリーテストでチェック

_0zo5elofolqongr09

URLをいれて分析でGoogleモバイルフレンドリーチェックをすることが出来ます。

参照:Googleモバイルフレンドリーテスト

 

 

大丈夫な場合は・・・

モバイルフレンドリーテスト

 

このように問題ないと表示されればOKです。

 

 

修正が必要な場合には・・・

モバイルフレンドリーテスト

このように表示された場合には、指示に従って修正が必要です。ウェブサイトの状況により異なりますが。PCサイトのままの場合には、スマホサイトを制作する必要があります。スマホサイトに対応しているけどという場合には、指示に従って改善や修正を行ってください。

 

『郷に入っては郷に従え』ではありませんが、GoogleでのSEO対策・上位表示を目指すのであればGoogleに高評価を得れると分かるところは最善を尽くしましょう!

 

2、GoogleのPage Speed Insightでチェック

1のモバイルフレンドリーツールでも大まかなチェックが出来ますが。当然、チェックできる項目は限られますので出来る範囲でユーザーにもgoogleなど検索エンジンにも高評価を得れるようにしたいところですが。

このPage Speed Insightでは、スマホサイト・モバイルフレンドリー対応において非常に重要な要素である表示速度をメインとしてウェブサイトの構造やコードについて100点満点で評価加点してくれます。

1をクリアした方は、このGoogleのPage Speed Insightでチェックしてみましょう!実際の改善のフローなどの検証はまた別の記事にてご紹介したいと思いますが。

 

  • GoogleからSEO対策も含め評価される。
  • ユーザーにとってより利用しやすいサイトにできる。

 

チェックして改善をすることによりこれらを得ることが出来ます。ぜひ試してみてください。

 

参照:GoogleのPage Speed Insight

 

1と2のチェック以外にもやるべき作業はたくさんありますが。どちらもまだ合格点レベルに達していない場合には、この2つをまずはクリアしましょう。上記のツール以外にも、モバイルフレンドリーテストとPC・スマホサイトの表示スピードのどちらも1つのツールでカバーできる優れものもあります。

参照:Mobile Website Speed Testing Tool

参照:Gtmetrix

今回は細かい使い方・運用の仕方などは除いて、非常にざっくりご紹介致しました。別の記事にて実例などを交えてご紹介を考えてみます。

 

モバイルフレンドリー対応で満足はしない!

ここまででSEO対策やユーザビリティにおいて、モバイルフレンドリーが必須であることをGoogleのアップデートやPage Speed Insight、モバイルフレンドリーテストなどの各種ツールのご紹介も交えて行いました。

 

1つ注意して頂きたいのが、ここまでご紹介した内容というのはあくまでも目的に対しての手段であり手法です。それを改めて認識していただいた上で、現状の目標や目的と照らし合わせ改善や対策・対応を行ってください。

最後にくどくなりますが。これからの時代の流れ・時流を見ますとまだまだスマホがインターネットやユーザーの可処分時間に対してのマストアイテムとして活躍するのは間違いなさそうです。

LINEで送る
Pocket

Sliding Sidebar