『Vlog(ブイログ)』って何なの?

”『Vlog(ブイログ)』って何??”

Vlog(ブイログ)はマーケティング担当者ならば知っておく必要がある。海外でYoutuber近辺で流行したあたりから徐々に日本にも増えてきた。ざっくりと言うとブログの動画版である。これだけスマホ・iphoneの流通とインターネット環境の整備で動画を見るにも一昔前のように動画は重くて見れないということはなくなったのも一つの要因だろう。改めて Vlog(ブイログ) とはなんなのか?ブイロガーとビデオブログの現在についても触れたいと思う。

Vlog(ブイログ) とは?

Vlogは、動画やビデオで作るブログ。videoの”V”とblogの”log”から作られた造語である。ユーチューバーが作る動画との違いがわからないという方もいると思うが。 vlog(ブイログ)は ブログと同様、オンライン上に日記を書くブログに動画がMIXされるというものでメインは文章テキストではなく日常を切り取った動画である。

Vlog(ブイログ) の読み方は?

Vlog と読んで時のごとくであるが。Vlogを撮影し公開発信する人をYoutuber(ユーチューバー)のようにVlogger(ブイロガー)という。 他にも vee-logger(ヴィーロガー) 、v-loggerやvlogger、V-logerなどと呼ばれることもあります。海外ではブロガーやビデオブログ、ビデオログと呼ばれることが多い。

Vlog(ブイログ) の 歴史

Vlog の歴史は1980年代からその歴史の幕を開ける。そしてYoutube(ユーチューブ)の歴史とも非常に密接な関係がある。ある意味で vlog(ブイログ) の歴史は Youtube(ユーチューブ)の歴史とも 言える。

1980年:ネルソン・サリバン( Nelson Sullivan )

via Vice

ニューヨークのビデオグラファー・アーティストであるネルソン・サリバン( Nelson Sullivan )がニューヨークとサウスカロライナ州の周辺でビデオを Vlog(ブイログ) 風に録画したことが歴史の幕開けと言われている。これが当時の彼の作品の1つである。本当にこれは元祖Vlog(ブイログ)だと言える。

2000年1月2日:アダム・コントラスト( ADAM KONTRAS

Vloger(ブイロガー)を正式に名乗ってスタートしたのがアダム・コントラスト(ADAM KONTRAS)が2000年1月2日にロサンゼルスに引っ越しする際に撮影したビデオブログが最初だと言われている。いまもVlogger(ブイロガー)として活動している彼はVlog(ブイログ)誕生と歴史の生き証人とも言える。

via 4tvs

世界で最初に投稿されたVlog(ブイログ)作品

2002年:ルーク・バウマン(Luuk Bouwman)

via YouTube

現在は閉鎖された「Tropisms.orgのサイト」を、大学の卒業旅行のビデオ日記として始めた。これはvlogまたはビデオログに特化した世界で最初のサイトである。

2004年:スティーブ・ガーフィールド(Steve Garfield)

via Wikipedia

2004年スティーブ・ガーフィールドがビデオブログ「Steve Garfield」を立ち上げ、 その年を「ビデオブログの年」と宣言 した。2005年からヤフーのVideobloggingグループのユーザー数は急増した。

2005年4月Youtube(ユーチューブ)初のビデオブログアップロード

Youtube(ユーチューブ)の共同創業者であるジョード・カリム( Jawed Karim )は2005年2月に設立された2ヶ月後にユーチューブ初となる動画である”ミー・アット・ザ・ズー(Me at the zoo)”を公開した。ある意味で世界で一番最初のユーチューバーだとも言える。2006年7月には YouTubeは世界で5番目に人気のあるWebサイトとなり、 1日に1億ビデオ、1日あたり65,000の新しいアップロードが見られた。

ギネス世界記録保持者も!?

チャールズ・トリッピー(Charles Trippy)Internet Killed Televisionの YouTubeチャンネルで、現在、「YouTubeで投稿された最も連続した毎日のパーソナルビデオブログ」の3,000以上の連続したビデオ投稿でギネス世界記録を持っている。

2008年:ロシアの元大統領メドベージェフ

2008年11月のラテンアメリカ訪問後、ロシアの 元ドミトリー・メドヴェージェフ大統領のビデオブログが投稿された。

ユーチューバーの祭典「VidCon(ビドコン)」

via VidCon London

今やユーチューバーが集うイベントとなっているが。最初期はVlogをアップするVlogger(ブイロガー)の割合も非常に多かったのだとか。

Vlog(ブイログ)の有名人

Vlog(ブイログ)とユーチューバーの境界線が曖昧であるため基本的にVlog界隈で人気のある人はユーチューバー界隈でも有名であったりする。そういった面からある意味でYoutube(ユーチューブ)のなかの日記カテゴリがVlogのような位置づけでもある。まずは世界の有名Vlogger(ブロガー)からご紹介する。

世界と日本のVlog有名人2選 on Youtube

デビッド・ドブリック(David Dobrik)

via David Dobrik – YouTube

ユーチューブでVlog界隈で人気ナンバーワンのデビッド・ドブリック(David Dobrik)氏。チャンネル登録者数がなんと1250万人を超えている。。。日本で圧倒的人気ナンバーワンのHIKAKIN(ヒカキン)さんが700万人超えという数字から約2倍近い差があるという。アメリカ、世界の規模の大きさは凄すぎる。

ケイシー・ナイスタット(Casey Neistat)

via CaseyNeistat – YouTube

ケイシー・ナイスタットはネイスタットなどとも呼ばれる。彼の動画は海外、アメリカだけではなく日本のユーチューブ界隈でも非常に人気が高くチャンネル登録者数1000万人超えも納得だ。なかでも有名な動画の一部を紹介する。

ニューヨークでスキーをする!?

ニューヨークの大雪の中でスキーをする動画は様々なメディアで放映されユーチューブ以外でも目にした方が多いのではないかと思う。

$21,000超え(約230万円)のファーストクラスに搭乗!!!

アラジンが街中を飛び回る!?

のりごとー

のりごとーさん、ユーチューバーとしてもすでに認知度も高いためご存知の方も多いと思う。投稿されている動画は日常的なVlogからガジェット紹介的な動画までありコアなファンが多いユーチューブチャンネルの1つである。

HINATABOKKOひなたぼっこ

via HINATABOKKOひなたぼっこ – YouTube

コメント欄を見てもまるでブログ!?な独自の世界観とファンを作っていらっしゃる”HINATABOKKOひなたぼっこ”さん。動画もユーチューブというよりも動画の日記という表現がしっくりくるこれぞVlogというチャンネル。

カンダエミリ

via :YouTube EMILY

Vlogまとめ

日本では2019年から5G時代に突入もう間もなくということでこれからますますVlogやビデオブログが流行することが考えられる。マーケティング担当者は改めてこのVlog市場やVlogのマーケティングでの可能性を調査し活用できるサービスや商品ならばぜひこの機会にコンテンツを考えてほしい。

Sliding Sidebar