『SEO対策 基本編』キーワード選定ってどうやるの?

SEO対策キーワード選定は、SEO対策において必須の対策方法です。キーワード選定をしないSEO対策は、コンパスとテントを持たずに登頂が困難な雪山の登山に挑む。航海図やレーダー(航海計器)を持たずに、嵐や台風のなかに船旅に出かけるようなものです。遭難や沈没して失敗してしまうのが目に見えます。

今回は、具体的なキーワード選定のコツやツールの紹介というよりもどういう意識や考え方でキーワード選定をする必要があるかというマインドセット、心構えをご紹介します。SEO対策にどっぷりはまってアクセス数やツールにばかりにとらわれがちな人が多いですが。目的は、そこではないと思うんです。目的は、結果としての反響を得ることだと思うんです。

そのために必要なSEO対策の基本としての、キーワード選定の考え方や選定方法をご紹介します。

SEO対策とは無数にある星のなかで一番星を目指すようなものかもしれません。

キーワード選定とは?

キーワード選定は、自社のホームページやECサイトを見てほしいお客様・ユーザーが検索するであろうキーワードを調査し優先順位や検索数のニーズから選ぶことを言います。

なぜキーワード選定は、SEO対策に必要?

SEO対策キーワード選定は、セットと思って頂きたいのですが。なぜ必要なのか?それは単純です。検索数のあるキーワードに対してSEO対策(検索エンジン最適化)をしなければアクセスは増えません。

なぜならば、誰も検索していない”キーワード”に対していくらSEO対策(検索エンジン最適化) をしても誰もホームページにはアクセスしてくれません。

検索数のあるキーワードを探す

SEO対策する際によりたくさんの集客や反響(結果)を得るために、あなたの商品やサービスに興味のあるお客様・ユーザーのアクセスを集める必要があります。そして、そのアクセスが多ければ多いほどより高いパフォーマンス・結果を得ることが出来ます。 そのためには、より検索数の多いキーワードをまず調べる・知る必要があります。

<注意>検索数が多いだけでは駄目!

キーワード選定とは、難しいもので検索数が多ければ多いほどいいっていうものでも無いんです。なぜならば、あなたの商品やサービスを知ってもらう(認知)、気になる(興味・関心)、問い合わせ・注文してもらうのが目的だと思うんです。なので、全く関係がないキーワードを選んでも駄目なんです。

ベストなキーワード選定方法!

あなたのお客様・ユーザーの立場になって、どういうキーワードで検索するか?どういうECサイトを見るのか?どういう雑誌やメディアを見るのか?まずは想像してみましょう。そして、その中でも最大手と呼べるECサイトなり雑誌なりを毎月でも良いのでチェックしましょう。間違ってもキーワード選定ツールだけに依存するのは、非常に危険です。

需要があるキーワード調査

ベストなキーワード選定方法は、まずは需要の高い検索数が多いキーワードのリストアップから始まります。どうやって調べるのか?調べる方法は無数にありますが。それらのツールや方法は別記事で紹介するとして今回は『Googleキーワードプランナー』でざっくりとご紹介します。

『Googleキーワードプランナー』で検索キーワードをチェック!

キーワードプランナーの使い方は、別記事で紹介します。Googleのアカウントを取得してれば誰でも使えます。ただ実際に検索数を調べる際には、アバウトな検索数しか表示されませんので具体的な数値を出したい場合にはGoogle広告を少額出稿しましょう。※500円ぐらいからできるみたいです。

キーワードを入力して検索

SEO対策と検索すると…

SEO対策と検索してみるとこのように検索ボリュームと一緒に表示されます。このキーワードをひたすら集めます。集める際には、右上の”キーワード候補をダウンロード”をクリックするとcsvフォーマットのファイルでキーワードのデータをダウンロードできますのでこれをGoogleのスプレッドシートなどにまとめてリストアップしましょう。

キーワードの難易度をチェック

キーワードのリストアップが終わったら、難易度を調査します。難易度を調査する理由は、出来るだけ楽なSEO対策をするためです。無理して競争の激しいキーワードを選定する必要はありません。それともう1つ、キーワードアドバイスツールに『競合性』という項目がありますが。これをキーワードの難易度と誤解されている方がたまにいらっしゃいますが。

この『競合性』は、Google広告の出稿の競合度合いを表しています。なのでキーワードのSEO対策難易度とは直結しません。詳しい調べ方は、また別記事にします。

より効果的なキーワードを選ぶ!

ここまででキーワードの検索数(ニーズとボリューム)と難易度を調査したら、あとはよりCV(コンバージョン)しそうな結果に繋がりそうなキーワードを選びます。そうです。ここまでで見つかったキーワードこそがより優先順位の高い、ターゲットキーワードでありウェブ上の狙うべきマーケットなのです。あとは、そのキーワードに対してSEO対策を行っていくだけです。

※実際にはこうも単純ではありませんが。この記事ではあくまでもキーワード選定の概要と全体像を理解してもらうためにありますので省略します。

SEO対策に失敗しないためにキーワード選定は必要です!

キーワード選定について、何をすべきか理解できましたでしょうか?今回は、出来るだけ情報量をコンパクトに分かりやすくキーワードの調べ方と難易度を調査する等の方法をご紹介しました。実際にキーワード選定をやってみなければわからないという方も多いと思いますが。まずは沢山、検索ニーズの高いキーワードを集めてリストを作って見て下さい。

この検索キーワードのリストの量が多ければ多いほど、その後のキーワード選定も実りあるものになるはずです。これは営業でも同じですが。一定量がなければ効果的なキーワード選定も出来ませんので注意して下さい。そして、出来るだけ効果的で効率的なSEO対策をするためにも難易度の調査、競合の調査は怠らないようにしましょう。

そして、最後に大事なのはコンバージョンするキーワードかどうか。それをチェックしてキーワード選定するだけで、SEO対策のパフォーマンスは非常に向上します。最後に繰り返しになりますが。SEO対策であなたがより高い効果を得たいならば、絶対にこのキーワード選定を手を抜かずに徹底して行いましょう。それが遠回りのように見えて実は最短距離でゴールに進むルートになるのです。

Sliding Sidebar