『SEO対策 基本編』1ページの記事に対策するキーワードは1つ絞って選定する。

SEO対策の基本として、1ページの記事に複数のキーワードを盛り込み多くのキーワードをSEO対策しようとするのは効率的で効果的のように見えて実はそうではありません。むしろ逆効果です。とくに、無駄に対策キーワードばかりを詰め込みすぎたページはGoogle(グーグル)のペナルティの対象になり得る場合があります。

SEO対策初心者の方には、必ず意識してほしいのが。SEO対策は、1つのページに1つのキーワード選定をしたうえで対策を実行するという事です。

SEO対策 基本編ということで、” SEO対策って何すんの?”ということで基本中の基本であるSEO対策の考え方と事前準備 についてご紹介しています。SEO対策のことは、分かっているようでわかっていないというSEO対策初心者の方に是非読んで頂きたい記事です。むずかしい用語などは一切使わず文量も抑えて作っておりますのでサクッと読めます。

なぜ1つのキーワードなのか?

この答えは、Google(グーグル)向けのSEO対策というよりも皆さんのユーザーであったりお客さまにとって使いやすい、理解しやすいサイト、記事にするという意味でも1つのキーワードに絞った方が得策なのです。

検索エンジンの結果には膨大な検索結果が…

SEO対策をするなかで、自分が一番狙いたいキーワードがあると思います。その検索結果の数を見てください。数百万件、ともすれば数千万件の検索結果があるのではないでしょうか?その中で、ユーザーが知りたい、手に入れたい情報は1つなんです。そこに、あれもこれもと詰め込むという事はお客さんやユーザーにとっても非常に分かりにくいページ・記事になってしまうんです。このような記事ばかりを、Googleが上位表示させたらどうでしょう?

Googleは検索エンジンとユーザーにとって最適なページ・記事を上位表示させる。

繰り返しになりますが。SEO対策とは、Googleにとって最適なページ・記事を作ることでもありますが。ユーザーやお客さんにとっての最適な情報を届ける事なんです。なので小手先のテクニックでは、常に右往左往することになります。そして、ここで言う1ページの記事に最適なキーワード数は1つに絞ることこそユーザーにとってもGoogleにとっても非常に分かりやすく親切なページであると言えます。

1記事1キーワードの効果

『1ページ、1キーワードルール』と勝手に読んでおりますが。このルールの効果は、非常に多くのメリットをもたらしてくれます。

Google(グーグル)の特徴と収益源から考える

1記事に対して1キーワードにすることで、まずGoogle(グーグル)が欲しいと考えるサイト、記事に近づくことが出来ます。そのためには、簡単にGoogle(グーグル)の収益源をご紹介したいと思います。

Google(グーグル)の収益のほとんどが、Google(グーグル)広告と呼ばれるアド広告収益になっています。この収益は、ざっくりとご説明するとユーザーが増えユーザーが長く沢山のサイトや記事にGoogle(グーグル)を介してアクセスすることで増えます。

Google(グーグル)はユーザーフレンドリーでユーザーファーストなサイトを増やしたい!

Google(グーグル)の収益源を増やすためには、いかにGoogleのヘビーユーザーを増やすかが肝になるんですが。そのためには、検索したときにユーザーが欲しい情報やサービスを提供しているウェブサイトECサイトを表示させることによってユーザーにとって使いやすい、分かりやすい検索エンジンとして利用される必要があります。

1ページ1キーワードにすることによって、よりユーザーにとって最適な情報に早くたどり着くことができ満足度を上げることができる。つまりは、Googleが上位に上げたいサイトや記事になるわけなんです。

集中したキーワード対策とコンテンツSEOが出来る。

SEO対策というのは、地道なコンテンツの最適化が必要になります。この時、グーグルにとってもユーザーにとっても最適な情報を作る上で無駄を省く。つまりは、一度作った記事を修正や削除するという作業が必要になるときがあります。

この場合、1ページ1キーワードにしておくことでより中身の濃いコンテンツと情報を盛り込むことが出来ます。

1キーワードの定義

1キーワードというと、1つの単語と誤解される方もいらっしゃるので。ここで言う、1キーワードはあくまでも複合キーワードも含めての1キーワードです。分かりやすく言うと、お客さんが検索するキーワードそれがここで言う”1キーワード”です。

そして、この1キーワードに対して最適なコンテンツを作る方法こそが『キーワード選定』に掛かっているんです。ぜひ以下のキーワード選定ってどうやるの?をチェックしてみてください。初心者の方向けに作成していますので、ノウハウやテクニック的な情報としては不足しているかもしれませんが。

SEO対策の基本として知っておくべき、キーワード選定については理解して頂けると思います。

1つのキーワードと1つの記事で一人のお客さんに提案するとイメージしてみてください。

あなたのウェブサイトを見てほしいお客さんをイメージすると、より分かりやすく腑に落ちます。例えば、あなたが大阪のセレクトショップをやっている洋服屋さんだとします。

大阪 セレクトショップ』で検索すると、約3260万件ものページ・記事がHITします。全部見る人は、まずいないでしょう。よほど情報収集している人以外でいえば、3ページ目ぐらいまででしょう。では、このキーワードで1ページ目にSEO対策するためにはどうするのか?

深く、そして深くふか~く掘り下げる

SEO対策というのは、1ページ1キーワードと繰り返し言っていますが。実際の対策は、この1キーワードに対して深く、深く掘り下げて情報発信をしていきます。詳しいところは、初心者向けと言うことで省略しますが。この深く掘り下げた情報こそユーザーにとって必要なフレンドリーな情報になるんです。

これは『大阪 セレクトショップ』で検索した際の、サジェストキーワード(関連する検索キーワードとして最下部に表示される。)ですが。色んな、検索ニーズがあることが分かります。地域名であったり、通販などのオンラインショップを探す人だったりとこのようなニーズをリサーチして実際の記事・コンテンツを作ります。

SEO対策は1ページ1キーワードでユーザーとGoogleを満足させよう!

今回は、SEO対策の基本として1ページ1キーワードにする理由とその効果。実際に、記事を作る際のキーワード選定や考え方をご紹介しました。ただここでご説明したことはただの知識でしかありません。実際に、記事を作成する際にはあくまでもユーザーが満足する、喜ぶような記事を作成することを意識してください。

その結果として、Googleにとってもプラスの記事として評価されSEO対策の上位表示に繋がることでより効果的で本質的なSEO対策を施すことができるようになります。

SEO対策初心者の方は、この記事がおすすめ

SEO対策をはじめたばかりの初心者や、情報収集段階でまだSEO対策を知ったばかりという方までぜひこちらの記事を読んでなぜSEO対策が必要なのか?いまさらな情報もありますが。無駄にノウハウやテクニックに翻弄されることの無いように是非読んでみてください。

Sliding Sidebar